プロフィール
ヤマアラシ
【完全初心者でも1から分かる、FIREするために必要な暗号資産の投資法】をコンセプトに、FIREと暗号資産(仮想通貨)について発信中。

✅2018年から暗号資産(仮想通貨)投資を始める
✅2019~2020年の間に100万失うが、2020年~2021年にかけて資産を4倍に増やす

そんな酸いも甘いも知った暗号資産(仮想通貨)投資家が、暗号資産(仮想通貨)でFIREをつかむために日々奮闘中。

イチオシ取引所

GMOコインのオススメポイント
PVアクセスランキング にほんブログ村

【画像20枚で説明】BitLendingの返還申請・解約方法を解説。返還時の注意点も紹介

この記事のリンクは【広告PR】を含みます
BitLending(ビットレンディング)の口座開設をしようか迷っている人

BitLending(ビットレンディング)の口座開設をしようか迷ってるんだけど、返還のやり方がめんどくさかったら嫌だな…解約料とかもかかったりしないか不安…

BitLending(ビットレンディング)から暗号資産(仮想通貨)を今すぐ返還したい人

BitLending(ビットレンディング)に貸し出している暗号資産(仮想通貨)を返還したいんだけど、やり方が分からない~

こんな悩みに答えます。

結論

BitLending(ビットレンディング)の返還はカンタン
>>返還申請の手順はこちらをタップ

BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約方法
BitLending(ビットレンディング)に、ログインする
返還したい暗号資産(仮想通貨)の詳細ページを開く
返還申請をおこなう

✅BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時の注意点
年5回以上返還すると、返還(送金)手数料がかかる
貸し出し開始後、1ヶ月以内は返還できない
送付先アドレスを間違えないようにする

\ 登録無料&最高利率10% /

口座開設当日から貸出OK

私のプロフィール

本記事を書いている私(@yamaarashi_fire)は、BitLending(ビットレンディング)に暗号資産(仮想通貨)を、12ヶ月貸出中なので、少しはお役に立てるかと。

BitLending(ビットレンディング)を口座開設しようと思っても、「返還のやり方がめんどくさかったら…」と考えると、嫌ですよね。

そこで今回は、

BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約方法
BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時の注意点
BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時によくある質問

をお伝えします。

この記事を読めば、BitLending(ビットレンディング)の返還方法がすぐに分かりますよ。

ぜひ、立ち読みしていってください。

ヤマアラシ

BitLending(ビットレンディング)をまだ始めていない人は、こちらをどうぞ。

目次

【画像20枚で説明】BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約方法

BitLending(ビットレンディング)の返還は、カンタンです。

BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約手順

BitLending(ビットレンディング)に、ログインする
返還したい暗号資産(仮想通貨)の詳細ページを開く
返還申請をおこなう

返還までにかかる日数は、2パターンあります。

返還タイプ返還日利息の受け取り
即時返還申請日から7営業日申請月分はもらえない
今月末日返還申請月の末日から7営業日申請月分までもらえる
参照:BitLending(ビットレンディング)返還申請ページ

返還申請時に「即時」を選択した人は7営業日、「今月末日」を選択した人は最長で1ヶ月弱、最短で1週間弱かかりますね。

※営業日とは
土日祝日を除いた平日の稼働日のこと

また、返還手数料も年4回までならかかりません。

返還手数料の詳しい概要

・毎年1月1日に無料回数が4回まで回復
・残り回数は、返還請求の手続き画面に表示され、なくなれば表示が消える
・(※)複数請求の場合、まとめての送金処理となり無料回数は消費しない

(※)複数請求=通貨・受取アドレス・返還予定日が同様の2件目以降の請求

手数料の無料回数は、返還請求の手続き画面から確認できますよ。

BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約手順

STEP
BitLending(ビットレンディング)にログインし、「三本線」をタップ
STEP
「返還請求」をタップ
STEP
返還したい暗号資産(仮想通貨)を決め、「返還請求」をタップ
STEP
「セットアップキーをコピー」をタップ
STEP
Google Authenticatorを開き、「+(プラスマーク)」をタップ

認証アプリを、インストールしていない人は、ここからインストールできます。

Google 認証システム
Google 認証システム
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
STEP
「セットアップキーを入力」をタップ
STEP
アカウント情報を入力し、「追加」をタップ
入力項目

・アカウント(ラベル名)
⇒そのままBitLending(ビットレンディング)で大丈夫

・キー
⇒STEP4でコピーした「セットアップキー」を貼りつける

STEP
「認証システムのコードを保存しました」が表示されたのを確認
STEP
表示されている6ケタのコードをタップしてコピー
STEP
コピーしたコードを貼りつけ、「設定」をタップ
STEP
「Google認証の設定に成功しました」が表示されたら、「トップページに戻る」をタップ
STEP
再度、返還申請したい暗号資産(仮想通貨)のところまで戻る
STEP
各情報を入力し、「入力内容確認」をタップ  
入力項目

・請求(返還)数量
⇒返還したい数量を入力。貸し出している暗号資産(仮想通貨)を全て返還したいなら、「全額返還」にチェックを入れる

・受取(送付先)アドレス
⇒取引所(交換業者)などのサービスや、メタマスクなどの個人用ウォレットでも、何でもOK。アドレスは必ずコピーして貼り付け。貼りつけた後は、5回程度目視でも間違っていないか確認

・返還タイプ
⇒即時を選択すると、返還請求後のキャンセルはできないことに注意

返還タイプに関しては、2パターンあります。

返還タイプ返還日利息の受け取り
即時返還申請日から7営業日申請月分はもらえない
今月末日返還申請月の末日から7営業日申請月分までもらえる
参照:BitLending(ビットレンディング)返還申請ページ

1日でも早く返して欲しいなら「即時」、返還申請した月の利息分までもらいたいなら、「今月末日」で選ぶと良いでしょう。

STEP
内容に間違いがなければ、受け取った認証コードとGoogle認証コードを入力して、「この内容で請求する」をタップ

なお、「この内容で請求する」を押したあと、本人確認手続きへ移行することがあり、そのときは、本人確認をおこなってください。

本人確認が完了しないと、返還は実行されません

STEP
「返還請求が完了しました」が出ればOK

これで、返還申請は完了です。

BitLending(ビットレンディング)の退会方法

貸してた暗号資産(仮想通貨)も全て返還し終えたし、BitLending(ビットレンディング)自体を退会したいな

こんな人は、「bitlending@j-cam.co.jp」宛に、以下の情報を送ればできますよ。

BitLending(ビットレンディング)の退会方法

氏名
解約希望の旨

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に送信

送信後は、運営の案内に従って、退会手続きを進めましょう。

BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時の注意点

BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時に気をつけるべきことは、こちら。

BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時の注意点

年5回以上返還すると、返還(送金)手数料がかかる
貸し出し開始後、1ヶ月以内は返還できない
送付先アドレスを間違えないようにする

年5回以上返還すると、返還(送金)手数料がかかる

BitLending(ビットレンディング)の返還は、年4回までなら手数料完全無料で返還できます。

ですが、5回目以降はネットワーク手数料という名の、返還(送金)手数料がかかることに注意しなければいけません。

✅5回目以降のBitLending(ビットレンディング)の返還(送金)手数料

通貨手数料
ビットコイン(BTC)0.0005BTC
イーサリアム(ETH)0.00625ETH
リップル(XRP)0.2XRP
USテザー(USDT)
※TRC-20
1USDT
USテザー(USDT)
※ERC-20
35USDT
USDコイン(USDC)
※TRC-20
1USDC
USDコイン(USDC)
※ERC-20
35USDC
ダイ(DAI)15DAI
参照:カスタマーサポート|Customer Support|BitLending
ネットワーク手数料とは

暗号資産(仮想通貨)を送金する際に、ブロックチェーンのシステム上、必ずかかる手数料

ちなみに、このネットワーク手数料は、BitLending(ビットレンディング)側の利益にはならないんです。

むしろ、システム上の都合で、どうしてもかかってしまうネットワーク手数料を、年4回までは負担してくれているため、ありがたい限りですね。

貸し出し開始後、1ヶ月以内は返還できない

貸し出し開始後、1ヶ月以内は返還できません。

貸し出した後に、ビットコインやイーサリアムが暴落して、慌てて売ろうと思ってもできないですから、貸出予定の資金を一気につぎ込むようなことは、止めましょう。

送付先アドレスを間違えないようにする

送付先アドレスの間違いにも、気をつけてください。

万が一、アドレスを1文字でも間違えて送金したら、返還するはずだった暗号資産(仮想通貨)は一生戻ってこないので、本当に要注意です。

間違えないためには、次のことをおこなうといいですよ。

アドレスをコピーして貼りつける
目視で最低でも5回ほどは確認する

BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時によくある質問

返還申請・解約のキャンセルはできる?

返還タイプで、「今月末日」を選択した場合は、できます。

「即時」ではキャンセルできないため、注意しましょう。

返還タイプの詳しい違いは、下記をご覧ください。

返還タイプ返還日利息の受け取り
即時返還申請日から7営業日申請月分はもらえない
今月末日返還申請月の末日から7営業日申請月分までもらえる
参照:BitLending(ビットレンディング)返還申請ページ
 暗号資産(仮想通貨)が返還されるまでに、どれぐらいかかる?

早ければ7営業日で返還可能です。

返還日
即時返還申請日から7営業日
今月末日返還申請月の末日から7営業日
参照:BitLending(ビットレンディング)返還申請ページ

※営業日とは
土日祝日を除いた平日の稼働日のこと

返還申請時に、「即時」を選択した人は7営業日、「今月末日」を選択した人は、最長で1ヶ月弱、最短で1週間弱かかりますね。

✅「即時」の返還スケジュール

✅「今月末日」の返還スケジュール

【1ヶ月弱かかるパターン】

【1週間弱で済むパターン】

まとめると、所要日数は以下のとおり。

✅「即時」
⇒12日
✅「今月末日」
・1ヶ月弱かかるパターン⇒40日
・1週間弱で済むパターン⇒11日

送付先アドレスを間違えたら、どうなる?

暗号資産(仮想通貨)が届きません。

そうなると、返還するはずだった暗号資産(仮想通貨)は一生取り戻せないですから、絶対に間違わないようにしましょう。

返還しても、アカウントは残る?

残ります。

消えたりはしないので、安心してください。

BitLending(ビットレンディング)自体を、退会するにはどうすれば良い?

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に、次の情報を送ればできますよ。

氏名
解約希望の旨

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に送信

送信後は、運営の案内に従って、退会手続きを進めましょう。

まとめ

今回は、BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約方法をお伝えしました。

まとめ

BitLending(ビットレンディング)の返還はカンタン
>>解約(退会)の手順はこちらをタップ

✅BitLending(ビットレンディング)の返還申請・解約方法
BitLending(ビットレンディング)にログインする
返還したい暗号資産(仮想通貨)の詳細ページを開く
返還申請をおこなう

✅BitLending(ビットレンディング)の返還・解約時の注意点
年5回以上返還すると、返還(送金)手数料がかかる
貸し出し開始後、1ヶ月以内は返還できない
送付先アドレスを間違えないようにする

BitLending(ビットレンディング)の返還は、1度やってしまえばカンタンにできるようになります。

返還・解約時の注意点を頭に入れて、ぜひ返還をおこなってみてください。

>>BitLending(ビットレンディング)公式サイト

この記事が参考になれば、幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次