プロフィール

【簡単】GMOコインの入金方法を画像付きで解説。手数料をかけない方法も紹介

GMOコインの入金方法がよく分からない人

GMOコインの口座開設は終わったけど、入金方法が分からないなぁ…あと、手数料のかからない入金方法も教えてほしい…

こんな悩みに答えます。

結論

✅GMOコインの入金方法
即時入金(>>入金の手順はこちら
振込入金(>>入金の手順はこちら

✅手数料のかからない入金方法
即時入金
振込入金+ネット銀行を利用する(できれば、GMOあおぞらネット銀行もしくは楽天銀行がおススメ)

✅仮想通貨の買い方
>>仮想通貨の買い方はこちら

私はこんな人です

・仮想通貨投資を2018年9月から開始(今年で5年目)

・2018年~2020年の間に100万円失うが、2020年~2022年にかけて800万円稼ぎ、資産を4倍に増やす。酸いも甘いも知った仮想通貨投資家。

「GMOコインの口座開設は終わったけど、入金方法が分からない…」

「手数料のかからない入金方法を知りたい!」

こう思っている方も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

GMOコインの入金方法
GMOコインで手数料をかけない入金方法
GMOコインでの仮想通貨の買い方

を解説します。

この記事を読めば、GMOコインへの入金がスムーズにできるようになりますよ。

ぜひ、立ち読みしていってください。

目次

【簡単】GMOコインの入金方法を画像付きで解説

GMOコインの入金方法は、2つです。

どの方法も簡単ですよ。

✅GMOコインの入金方法

即時入金【利用できる銀行】
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
・ゆうちょ銀行

・三菱UFJ銀行(※ペイジー)
・三井住友銀行(※ペイジー)
・みずほ銀行(※ペイジー)
・りそな銀行(※ペイジー)
・埼玉りそな銀行(※ペイジー)

【手数料】
完全無料
振込入金【利用できる銀行】
全国の様々な銀行から、振り込みができる

【振込先専用口座】
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行

【手数料】
(GMOコイン側の手数料は)無料。振込手数料は自己負担
参照:入出金(日本円・暗号資産) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
参照:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

※本記事では、GMOコインのアプリ(ノーマルモード)からの入金手順を紹介します。

即時入金

インターネットバンキングで入金する方法。

24時間365日入金が可能&口座に即時反映されるので、仮想通貨をすぐに取引したい人には、オススメの入金方法です。

利用できる銀行は、次の通りになります。

インターネットバンキングで入金できる銀行

・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
・ゆうちょ銀行

・三菱UFJ銀行(※ペイジー)
・三井住友銀行(※ペイジー)
・みずほ銀行(※ペイジー)
・りそな銀行(※ペイジー)
・埼玉りそな銀行(※ペイジー)

大手の銀行は、ペイジーのみの対応になりますが、様々な銀行を選択でき、ネット銀行の有名どころも一通り利用できるのが、良いところ。

また、手数料も無料のため、「即時反映&手数料が完全無料」というノーリスクで、利用できる入金方法です。

この記事では、楽天銀行経由で入金する方法を、お伝えしますね。

STEP
「アカウント」タブにして、「入金」をタップ
STEP
「即時入金」を選択し、「楽天銀行」をタップ
STEP
入金したい金額を入力し、「入金開始」をタップ

※入金額は、「1,000円~1,000万円」の範囲で選択可能。

STEP
「次へ」をタップ
STEP
注意事項をしっかり確認して、「次へ」をタップ

✅即時入金の際の注意点

支払い処理完了後、「元のサイトへ戻る」を必ず押してください。

※万が一押さなかった場合は、即時反映できない可能性があるので、要注意。

STEP
「入金手続きをはじめる」をタップ

※入金後、左の画面が出たら入金完了なので、覚えておいてください。

STEP
「ユーザーID」と「ログインパスワード」を入力し、「ログイン」をタップ
STEP
口座情報を入力し、「認証する」をタップ
入力項目

・支店番号
・口座番号
・合言葉

※支店番号と口座番号は、キャッシュカードや楽天銀行アプリのホームにのっています。

STEP
入金内容を確認し、間違いが無ければ、ワンタイムキーの入力に進む

ここからワンタイムキーの入力に進みます。

基本的な流れは次の通りです。

①発行ボタンを押して、ワンタイムキーを発行
②メールで届いたワンタイムキーを確認
③ワンタイムキーを入力

STEP
「ワンタイムキーを送信する」ボタンをタップ
STEP
届いたメールに記載の「ワンタイムキー」を確認
STEP
「ワンタイムキー」を入力

ワンタイムキーの入力はこれでOK。

STEP
「暗証番号」と「生年月日」を入力する
STEP
「支払実行」をタップ
STEP
「元のサイトへ戻る」をタップ

※「元のサイトへ戻る」を必ず押してください。

STEP
「閉じる」をタップ

これで入金完了。

私が入金したときは、入金が完了した瞬間に口座に反映されて、びっくりしました。

即時入金は、それぐらい本当に早いですよ。

即時入金については、以上です。

振込入金

あなたが普段使っている銀行口座から、GMOコインが指定する専用の振込先口座に、振り込む方法。

ATMや銀行窓口、ネットバンキングなど、あらゆる形で振り込めます。

自分がよく利用する口座から入金したい人には、便利な入金方法ですね。

振込先の口座は2つです。

GMOコインが指定している振込先口座

・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行

振込先の口座情報は、アプリ・ブラウザの両方から確認でき、1人1人に口座番号と支店名が割り振られています。

例えば、こんな感じ。

上記のように、あなた用の振込先口座もあるので、そこに振り込みましょう。

振り込むときは、以下に注意が必要です。

口座番号は間違っていないか
振込人名義と(GMOコイン)アカウント名義が異なっていないか
⇒異なる名義で入金したときは、振込人の口座へ資金を戻す、「組戻し」手続きを行ってください。

※組戻しにかかる手数料は自己負担
※組戻しの手続方法は、振込された銀行で確認

今回は例として、「楽天銀行⇒楽天銀行」への振り込み手順を、解説しますね。

STEP
「アカウント」タブにして、「入金」をタップ
STEP
「振込入金」を選択し、振込先の口座情報を確認

この口座へ振り込む。

これ以降は、楽天銀行のアプリから入金する手順になります。

>>手数料のかからない入金方法を知りたい方はこちら

STEP
楽天銀行のアプリを開き、「振込・振替・送金」をタップ
STEP
「振込する」をタップ
STEP
「新規振込」をタップ
STEP
「楽天銀行」を選択
STEP
支店名を探し出して、選択

下までスクロールできるので、頑張って見つけてください。

STEP
各種項目を入力後、「確認」をタップ

・依頼人名
・口座番号
・振込金額

を入力後、間違いがないか確認する。

振込内容は、GMOコインの入金だと分かる名前にしましょう。

STEP
暗証番号を入力し、「振込実行」をタップ

「この振込先を登録する」にチェックを入れておくと、次回以降、振込の手順が省略できますよ。

これで入金完了。

振込入金は、反映に数分間かかります。

即時入金よりは少し時間がかかりますが、それでも早いと言えますね。

GMOコインの入金方法については、以上です。

GMOコインで手数料をかけない入金方法

GMOコインで、手数料をかけない入金方法は2つ。

GMOコインで手数料をかけない入金方法

即時入金
振込入金+ネット銀行を利用する(できれば、GMOあおぞらネット銀行もしくは楽天銀行がおススメ)

GMOコインは、即時・振込入金ともに手数料無料であり、もともと入金手数料には、優しい取引所です。

手数料
即時入金無料
振込入金(GMOコイン側の手数料は)無料
振込手数料は自己負担
参照:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

その中でも、お得な入金方法をご紹介します。

即時入金

1つ目は、即時入金です。

この入金方法が、GMOコインでは1番お得ですね。

なぜなら、「即時反映&手数料が完全無料」というノーリスクで、入金できるから。

即時入金【利用できる銀行】
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
・ゆうちょ銀行

・三菱UFJ銀行(※ペイジー)
・三井住友銀行(※ペイジー)
・みずほ銀行(※ペイジー)
・りそな銀行(※ペイジー)
・埼玉りそな銀行(※ペイジー)

【手数料】
完全無料

【反映までの時間】
即時反映
参照:入出金(日本円・暗号資産) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
参照:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

そのため、GMOコインの入金は、即時入金だけでOKと言っても良いぐらいです。

けど、自分はネット銀行の口座持ってないし、いつも使っている銀行で手数料を無料にしたいんだけど。

完全無料は厳しいですが、抑える方法はありますよ。

振込入金+ネット銀行を利用する

その方法が、2つ目の振込入金です。

なぜかというと、振込入金は(GMOコイン側の)手数料がかからないから。

振込入金【利用できる銀行】
全国の様々な銀行から、振り込みができる

【振込先専用口座】
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行

【手数料】
(GMOコイン側の手数料は)無料。振込手数料は自己負担
参照:入出金(日本円・暗号資産) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
参照:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

GMOコイン側の手数料はかけずに(無料)、あなたがお気に入りの銀行からも振り込めるので、便利な入金方法だと言えます。

ただ、銀行側の手数料(振込手数料)が、どうしてもかかるのは事実。

そんなにダメなの?

残念ながら、良くはありません。

その理由は、振込手数料が結構高いからなんです。

例えば、大手の有名銀行の振込手数料はこちら。

✅大手有名銀行の振込手数料(※他行あて)

スクロールできます
手数料(※他行あて)
ゆうちょ銀行・窓口:5万円未満「660円」/5万円以上「880円」
・ATM:5万円未満「220円」/5万円以上「440円」
・インターネットバンキング:「165円」
三菱UFJ銀行・窓口:3万円未満「594円」/3万円以上「770円」
・ATM:3万円未満「374円」(※キャッシュカード利用の場合「209円」)/
3万円以上「550円」(※キャッシュカード利用の場合「330円」)
・インターネットバンキング:3万円未満「154円」/3万円以上「220円」
三井住友銀行・窓口:3万円未満「605円」/3万円以上「770円」
・ATM:3万円未満「385円」(※三井住友のキャッシュカード利用の場合「165円」)/
3万円以上「550円」(※三井住友のキャッシュカード利用の場合「330円」)
・インターネットバンキング:3万円未満「165円」/3万円以上「330円」
みずほ銀行・窓口:3万円未満「710円」/3万円以上「880円」
・ATM:3万円未満「380円」(※キャッシュカード利用の場合「270円」)/
3万円以上「550円」(※キャッシュカード利用の場合「330円」)
・インターネットバンキング:3万円未満「150円」/3万円以上「320円」
参照:送金料金-ゆうちょ銀行
参照:振込手数料 | 三菱UFJ銀行
参照:振込手数料 : 三井住友銀行
参照:振込手数料 | みずほ銀行

ご覧のように、どの銀行も結構な振込手数料がかかっちゃうんですよね。

それじゃあ、振込手数料は抑えられないの?

手数料を少しでも抑えたいなら、やはりネット銀行の利用がベストですよ。

なぜなら、ネット銀行は、振込手数料が大手の銀行より安いから。

✅有名なネット銀行の振込手数料(他行あて)

手数料(※他行あて)
住信SBIネット銀行77円
楽天銀行145円
ソニー銀行月1回までは無料。2回目以降は110円/回
じぶん銀行ステージに応じて、月3回~15回まで無料。無料回数を超えた場合、99円/回(税込)
GMOあおぞらネット銀行ステージに応じて、月1回~20回まで無料。無料回数を超えた場合、75円/回(税込)
参照:振込・振替 | 手数料のご案内 | NEOBANK 住信SBIネット銀行
参照:手数料一覧(振込手数料・ATM手数料など) – 個人のお客さま|楽天銀行
参照:お振り込み・ATM利用手数料|ソニー銀行(ネット銀行)
参照:手数料一覧(振込手数料など) | auじぶん銀行
参照:手数料 | はじめての方へ | 個人口座の開設 | GMOあおぞらネット銀行

大手の銀行と比べると、ネット銀行の方が平均して、400~500円手数料を安くできます。

さらに、GMOコインの振込先口座である、GMOあおぞらネット銀行や、楽天銀行の口座を持っている人は、手数料を完全無料にすることも可能。

そのわけは、同じ銀行間(同行)の振込なら、手数料が無料になるからです。

✅GMOあおぞらネット銀行と楽天銀行の振込手数料(※同行あて)

手数料(※同行あて)
GMOあおぞらネット銀行無料
楽天銀行 無料
参照:手数料 | はじめての方へ | 個人口座の開設 | GMOあおぞらネット銀行
参照:手数料一覧(振込手数料・ATM手数料など) – 個人のお客さま|楽天銀行

・自分のGMOあおぞらネット銀行の口座⇒GMOコインのGMOあおぞらネット銀行の振込先専用口座に送金:無料

・自分の楽天銀行の口座⇒GMOコインの楽天銀行の振込先専用口座に送金:無料

以上のことから、ネット銀行を利用した方が手数料を抑えられますよ。

>>GMOあおぞらネット銀行
>>楽天銀行

※上記リンクはアフィリエイトリンクではありません。
100%筆者の善意で紹介しているので、安心してください。

GMOコインでの仮想通貨の買い方

入金ができたら、仮想通貨を買ってみましょう。

本記事では、アプリから販売所と取引所で買う方法を、紹介しますね。

販売所

STEP
アプリを開き、買いたい仮想通貨を選ぶ

今回は、ビットコインを買う手順です。

STEP
金額を選択し、「確認画面へ」をタップ

「その他」を押すと、自分で買いたい金額を入力することも可能。

STEP
6秒以内に、「購入確定」をタップする

6秒経つと、時間切れになるので、急ぎましょう。

STEP
購入が完了したのを確認

取引所

取引所は、「トレーダーモード」でしか利用できません。

今回は、「ノーマルモード」から「トレーダーモード」への切り替えも含めた手順を、解説します。

STEP
「アカウント」タブにして、「トレーダーモードに切り替え」をタップ
STEP
「OK」をタップ
STEP
「閉じる」をタップ
STEP
右下にある「販売所/レート」をタップ
STEP
左上の[取引所/現物」をタップ
STEP
買いたい仮想通貨を選択
STEP
画面中央下にある[トレード」をタップ
STEP
「注文」をタップ
STEP
各購入条件を選択(入力)し、「確認画面へ」をタップ

✅選択(入力)する項目
①注文条件(成行or指値)
②売買区分(買い/売り)
③取引数量(買いたい数量)

取引数量横の白い空欄をタップすると、自分で買いたい金額を入力できます。

STEP
購入条件に間違いがなければ、「注文確定」をタップ
STEP
注文が完了したのを確認

アプリで買う方法は以上です。

GMOコインで、仮想通貨を買うにあたっての基本情報はこちら。

✅GMOコインで仮想通貨購入にあたっての基本情報

スクロールできます
販売所取引所
買える通貨(※アプリの場合)BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,
XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM
,ENJ,DOT,ATOM,MKR,DAI,
ADA,LINK,DOGE,SOL
BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,
XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,
ENJ,DOT,ATOM,XYM,MONA,
ADA,MKR,DAI,LINK,FCR
最低購入金額0.00001 BTC / 回
(※BTCの場合)
0.0001 BTC / 回
(※BTCの場合)
手数料(スプレッド)4.9%(※当ブログ調べ)
(1%以上は高いと思った方が良いです)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
引用:取引所(暗号資産の購入・売却) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
引用:販売所(ビットコイン・アルトコインの購入・売却) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

GMOコインは、販売所だけでなく取引所も、アプリからすべての銘柄が買えます。

これはわりとすごいことで、他の取引所では、アプリからだとこんなに買えないんですよ。

だから、非常にありがたい点だと言えますね。

手数料について見ても、販売所だと高くつくので、銘柄も多い&手数料も安い取引所で買うのが、オススメです。

まとめ

今回は、GMOコインへの入金方法を画像付きで解説しました。

結論

✅GMOコインの入金方法
即時入金(>>入金の手順はこちら
振込入金(>>入金の手順はこちら

✅手数料のかからない入金方法
即時入金
振込入金+ネット銀行を利用する(できれば、GMOあおぞらネット銀行もしくは楽天銀行がおススメ)

✅仮想通貨の買い方
>>仮想通貨の買い方はこちら

GMOコインは、他の取引所と比べると入金方法は少ないです。

しかし、ネット銀行さえ持っておけば、どの入金方法も手数料を抑えつつ、簡単に入金できます。

ネット銀行を持っていない人は、このタイミングで口座開設しておくと、GMOコインの入金には困りませんよ。

ぜひ活用したいところですね。

この記事が参考になれば、幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次