プロフィール
ヤマアラシ
【完全初心者でも1から分かる、FIREするために必要な暗号資産の投資法】をコンセプトに、FIREと暗号資産(仮想通貨)について発信中。

✅2018年から暗号資産(仮想通貨)投資を始める
✅2019~2020年の間に100万失うが、2020年~2021年にかけて資産を4倍に増やす

そんな酸いも甘いも知った暗号資産(仮想通貨)投資家が、暗号資産(仮想通貨)でFIREをつかむために日々奮闘中。

イチオシ取引所

GMOコインのオススメポイント
PVアクセスランキング にほんブログ村

【bitFlyer】BitLendingに暗号資産を送金する方法。送金手数料をかけない裏技も紹介

この記事のリンクは【広告PR】を含みます

BitLending(ビットレンディング)を口座開設したのはいいけど、暗号資産(仮想通貨)の送金ってやったことがないから、うまく送金できるか心配だなぁ…だれか送金する方法をわかりやすく教えて欲しい…

こんな悩みに答えます。

結論

✅bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金する方法
BitLending(ビットレンディング)で、貸出申込をする
>>貸出申込の手順
bitFlyerで送金手続きをする
>>bitFlyerから送金する手順

✅送金手数料をかけない裏技
GMOコインから送金する
⇒なぜなら、GMOコインは送金手数料が無料だから

私のプロフィール

本記事を書いている私(@yamaarashi_fire)は、BitLending(ビットレンディング)に暗号資産(仮想通貨)を、12カ月貸出中ですから、少しはお役に立てるかと。

BitLending(ビットレンディング)を口座開設したのはいいけど、暗号資産(仮想通貨)の送金をやったことがないから、うまく送金できるか不安な人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金する方法
送金手数料をかけない裏技

を解説します。

さらに記事後半では、BitLending(ビットレンディング)に送金手数料をかけないで、暗号資産(仮想通貨)を送金する方法も紹介しますので、ぜひご覧になってください。

今すぐ、BitLending(ビットレンディング)に送金手数料をかけないで、暗号資産(仮想通貨)を送金する方法について知りたい人は、↓から該当部分にジャンプが可能です

【裏技】BitLending(ビットレンディング)への送金手数料をかけない方法

この記事を読めば、bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)への暗号資産(仮想通貨)の送金が、カンタンにできるようになりますよ。

ぜひ、立ち読みしていってください。

ヤマアラシ

まだ、BitLending(ビットレンディング)の口座開設が済んでいない人は、こちら!

目次

【bitFlyer】BitLending(ビットレンディング)に暗号資産(仮想通貨)を送金する方法

bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金するまでの流れは、次のとおり。

bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金するまでの流れ

BitLending(ビットレンディング)で貸出申込をする
bitFlyerで送金手続きをする

難しそうに見えるかもですが、1度送金してしまえば、カンタンにできるようになりますよ。

BitLending(ビットレンディング)で貸出申込をする

まずは、送金する前にBitLending(ビットレンディング)で、暗号資産(仮想通貨)の貸出申込をしましょう。

すでに申し込みが済んでいる人は、ここから次に飛べます

>>bitFlyerの送金手続きにすすむ

貸し出し時は、以下の点にも注意してください。

貸出時の注意点

貸し出した日から、1カ月以内の返還請求はできない
⇒最短貸出期間が1ヵ月になっているため

・返還請求した場合は、受理した翌日から7営業日後に返還される

具体的な貸出手順はこちら。

STEP
BitLending(ビットレンディング)にログインし、「暗号資産(仮想通貨)を貸し出す」をタップ
STEP
貸し出したい暗号資産(仮想通貨)の数量を入力し、「入力内容確認」をタップ

貸し出し可能な暗号資産(仮想通貨)と、最低貸出数量は下記のとおり。

BitLending(ビットレンディング)で貸し出せる暗号資産(仮想通貨)と最低貸出数量

・ビットコイン(BTC)
⇒最低数量:0.01~

・イーサリアム(ETH)
⇒最低数量:0.1~

・リップル(XRP)
⇒最低数量:360~

・USテザー(USDT)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USテザー(USDT)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・ダイ(DAI)
⇒最低数量:200~

STEP
貸し出す暗号資産(仮想通貨)と数量に間違いがなければ、「この内容で申し込む」をタップ
STEP
「入金アドレスを確認する」をタップ
STEP
ステータスが「送金中」になっているのを、確認

「貸出アドレス」は、取引所(交換業者)から送金する際に、必要になります。

いつでもコピーできる状態にしておきましょう。

※アドレスは、手入力ではなく、必ずコピーして貼り付けてください。

(1文字でも間違えると、暗号資産(仮想通貨)を正しく送金できないばかりか、送金した分の暗号資産(仮想通貨)は一生戻ってこないですから、要注意)

以上で貸し出しの申し込みが完了しました。

上記画面のステータスは、「送金中」とありますが、BitLending(ビットレンディング)への送金が完了すると、最終的に「承認完了」というステータスに変わり、貸し出しがスタートする形です。

貸し出すのやっぱりやめたい…

こんなときは、キャンセルもカンタンにできますよ。

キャンセル手順

STEP
BitLending(ビットレンディング)にログインし、「貸出履歴」をタップ
STEP
キャンセルしたい暗号資産(仮想通貨)の「詳細」をタップ
STEP
1番下までスクロールして、「キャンセル」をタップ
STEP
「OK」をタップ
STEP
ステータスが「キャンセル」になれば、OK

以上でキャンセル完了。

キャンセルもカンタンにできるね!

それでは、この後実際に、暗号資産(仮想通貨)をBitLending(ビットレンディング)に、送金してみましょう。

bitFlyerで送金手続きをする

bitFlyerの送金手続きは、次のステップでおこないます。

bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、送金するまでの流れ

貸出(送金)アドレスを登録する
送付数量を入力し、送金する

この記事では、bitFlyerから送金する方法を紹介しますが、その他取引所(交換業者)でも送金手順は基本的に同じですよ。

なお、次の取引所(交換業者)は別途で送金方法を解説していますので、必要な人は、参考にしてみてください。

>>GMOコインから送金する手順
>>コインチェックから送金する手順

貸出(送金)アドレスを登録する

bitFlyerは、貸出(送金)アドレスを登録するにあたり、下記の情報が必要になります。

入力しなければならない項目は、コピーして使ってもOK。

送金に必要な情報

・ラベル:その他(BitLending)
・ビットコインアドレス
BitLending(ビットレンディング)で貸出申込後に取得したアドレスを、必ずコピーして貼り付け入力
・アドレス所有者:お客様本人以外
・受取人:法人
・受取人の法人名:株式会社J-CAM
・受取人の法人名(フリガナ):カブシキガイシャジェイカム
・受取人の法人名(アルファベット):J-CAM Inc.

・受取人との関係性:投資先
・送付先:プライベートウォレット等
・国地域:日本

※コピー可

STEP
アプリを開き、「入出金」をタップ
STEP
「仮想通貨」のタブをタップ
STEP
送金したい暗号資産(仮想通貨)を選び、「出金」をタップ
STEP
「外部ビットコインアドレス登録」をタップし、届いたメールのリンクを開く
STEP
「ラベル」と「ビットコインアドレス」を入力し、「次へ」をタップ

※アドレスは、BitLending(ビットレンディング)で取得したものを、必ずコピーして貼り付け入力してください。

STEP
「お客様本人以外」を選択
STEP
「法人」を選択
STEP
「受取人の法人名」をそれぞれ入力したら、「次へ」をタップ

・受取人の法人名:株式会社J-CAM
・受取人の法人名(フリガナ):カブシキガイシャジェイカム
・受取人の法人名(アルファベット):J-CAM Inc.


※コピー可

STEP
「投資先」を選択
STEP
「プライベートウォレット等」を選択
STEP
「日本」を選択し、「次へ」をタップ
STEP
送付先情報に問題がなければ、チェックを入れ、「保存」をタップ
STEP
二段階認証コードを入力する

「保存しました」が表示されれば、登録完了です。

送付数量を入力し、送金する

貸出アドレスの登録が完了したら、いよいよ送金しましょう。

STEP
もう1度アプリを開き、登録したアドレスをタップ
STEP
送金したい数量を入力して、「出金」をタップ
STEP
問題がなければ、「出金」をタップ
STEP
認証アプリの「確認コード」を入力

「外部送付を受け付けました」が表示されれば、送金完了。

以上で、bitFlyerから暗号資産(仮想通貨)が送金されました。

BitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)が届いたかを確認する

bitFlyerでの送金が済んだら、少し時間を置いた後に、ステータスを確認してください。

※暗号資産(仮想通貨)ごとのネットワークの関係で、すぐには反映されない可能性があるため

ステータスを見ると、申し込み時は「送金中」だったのが、「未承認」になっているでしょう。
(画像なくてすみません)

この状態は、BitLending(ビットレンディング)側に、無事に暗号資産(仮想通貨)は届いたけど、まだ承認作業が済んでいない状態です。

※1日ほど経過してもステータスが「未承認」にならない場合は、取引所(交換業者)やBitLending(ビットレンディング)に、問い合わせてください。

ステータスが、最終的に「承認完了」になれば、いよいよ貸し出しがスタートし、晴れて不労所得が毎月もらえますよ。

※平日であれば、遅くても1日程度で「承認完了」になります

ヤマアラシ

これで送金完了!

BitLending(ビットレンディング)に送金手数料をかけないで暗号資産(仮想通貨)を送金する裏技

暗号資産(仮想通貨)を送金するときは、通常、手数料がかかるのを知っていますか?

実は、bitFlyerも手数料がかかってしまうんですよね。

✅有名取引所(交換業者)の送金手数料

スクロールできます
コインチェックビットフライヤーGMOコイン
送金手数料
(暗号資産を送金するときにかかる手数料)

【ビットコイン】
0.0005 BTC

【イーサリアム】
0.005 ETH
【ビットコイン】
0.0004 BTC
(※ 最小送付数量は、0.001 BTC、 bitWireを除く)

【イーサリアム】
0.005 ETH
(※ 最小送付数量は、0.001 ETH)
【ビットコイン】
無料

【イーサリアム】
無料
出典:送金・売買・入出金手数料 | 暗号資産取引所のCoincheck(コインチェック)
出典:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
出典:手数料一覧・税 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

例えば、2023年6月11日時点でbitFlyerからビットコインを送金すると、手数料だけで1441円もかかります。

手数料をかけずに送金する方法はないの?

もし、損せずに暗号資産(仮想通貨)を送金したいなら、GMOコインから送金するのがオススメです。

なぜなら、表にもあるように、GMOコインは送金手数料が無料だから。

そのため、

暗号資産(仮想通貨)を始めたばかりで、まだ、1つの取引所(交換業者)しか口座開設してないな~

BitLending(ビットレンディング)に、定期的に暗号資産(仮想通貨)を貸し出したいけど、送金手数料が毎回かかるのは嫌だな~

という人などは、このタイミングで口座開設しておくと便利ですよ。

>>GMOの口座開設方法

取引所(交換業者)を複数開設しておくと、リスク分散にもなりますからね。

まとめ

今回は、bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金する方法を解説しました。

まとめ

✅bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金する方法
BitLending(ビットレンディング)で、貸出申込をする
>>貸出申込の手順
bitFlyerで送金手続きをする
>>bitFlyerから送金する手順

✅送金手数料をかけない裏技
GMOコインから送金する
⇒なぜなら、GMOコインは送金手数料が無料だから

これで、bitFlyerからBitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)を送金するやり方は、大丈夫だと思います。

また、これからはBitLending(ビットレンディング)へ送金手数料をかけないで、暗号資産(仮想通貨)を送金しようと思った人は、GMOコインから送金するようにしましょう。

この記事を読んだ後にすること!

✅GMOコイン⇒BitLending(ビットレンディング)への送金方法

✅GMOコインの口座開設の手順

その他参考になる記事

この記事が参考になれば、幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次