プロフィール

【充実型FIRE】コーストFIREとは?メリット4選も教えます

老後が心配な人

FIREは無理そうだけど、老後の資金は心配だな~。老後ぐらいはゆとりのある生活を送りたい…

こんな悩みにお答えします。

皆さんの中にはFIREを調べて、「こんなの無理だ。けど、これからの将来のお金は心配だな~。特に老後とか。」と思った人もいるかもしれません。

そんなあなたは、コーストFIREがピッタリです。
なぜなら、コーストFIREは「FIREらしくないFIRE」だからです。

今回の記事では、そのコーストFIREを解説していきます。
これを読めばコーストFIREを目指したくなるかもしれません。

「FIREってそもそも何?」という方はこちら👇

結論

・コーストFIREは「早期リタイアなし」で生活費を労働収入でまかない続ける状態
・コーストFIREの目的は老後にゆとりある生活を送るため
・達成手法や達成後の暮らしのおかげで、節約や副業をあまりする必要がない
・コーストFIREのメリットは全て「フルタイムで働き続ける」ことによる恩恵が大きく、デメリットは達成に時間がかかること
・コーストFIREとバリスタFIREの違いは、フルタイムで働き続けるか否かの違い
・FIREの種類は5種類(Fat FIRE、Lean FIRE、Coast FIRE、Barista FIRE、サイドFIRE)

読むメリット

・老後が安泰な生活の参考になる
・リスクの少ないFIREを知れる
・既婚者や結婚を考えている人でも目指せるFIREを知れる
・社会的信用を失わないFIREを知れる

この記事におススメの人

・老後の資金を確保して、ゆとりある生活を送りたい人
・FIREしたいけど、働いてもokな人
・リスクの少ない形でFIREを達成したい人
・仕事を辞めて社会的信用を失うのが怖い人
・結婚している人(もしくは結婚をしたい人)

目次

コーストFIREとは

初めにコーストFIREは、現在、解釈が2つ存在します。

2つの解釈

1.FIREを達成できる資産はあるが、あえて働いている状態
⇒目的:働くのが好きだったり、社会に貢献したいなどで働いている(労働を好んでしている)

2.「早期リタイアなし」で生活費を労働収入でまかない続ける状態
⇒目的:老後までに資金を蓄えて、ゆとりある生活を送りたい

2.の解釈は長期間かけて最終的にリタイアすることが前提です。
場合によっては定年まで働く人もいます。

主観だと1の解釈の方が多い印象ですが、
今回は2の解釈を前提に話を進めます(なので、これ以降は2の話として読み進めていただくようお願いします)。

そんなコーストFIREについて、次は達成手順とその後の暮らしを説明します。

初めに、イメージしやすいよう図にしました。

簡単に説明すると、

達成前は「余剰資金を投資に回し元本を構築するステージ」
達成後は「元本で複利の力を借り資産を増やすステージ」

に分かれます。

そして、コーストFIREは元本を確保した段階で達成ですが、
あくまでそれは中間地点なのが他のFIREと違う点です。

具体的には以下の通りの手順になります。

達成までの流れとその後

「何歳までに?」「資産いくら?」で、リタイア(定年)するか最終目標を決める(ゴール)
②コーストFIREする年齢を決め、必要な元本を算出する(中間地点)
③余剰資金分を投資に回し元本を積み立てる
④元本が貯まったら、積み立てはやめる(この時点でコーストFIRE達成)
⑤複利の力で最終目標額が貯まるまで、フルタイムで働き生活する(不労所得分は再投資)
⑥目標額が貯まったら、リタイア

コーストFIRE達成後は、フルタイムで働くので生活費は確保されます。
そのため、目標額達成まで普通の暮らしをしながら、待つのみです。

FIREに必要な節約をあまりしなくても良いのが特徴です。

ヤマアラシ

ちなみに、Coast FIREのCoastは、「海岸」ではなく「惰性」や「楽に進む」であり、「あまり考えずとも時間が経てば、いずれは達成する」所からきているのではないかと考えています(笑)

コーストFIRE達成に必要な金額

老後2000万円問題が騒がれたので、少し低いですが定年時点で2000万円を目標にします。

条件

・老後のための生活として、60歳で2000万円の資産形成を目標
・資産は年利4%のリターン(4%づつ増える)と仮定
・コーストFIREするまでは毎年同じ金額を投資する
22歳から積み立て開始

コーストFIRE達成年齢必要な元本月々投資額年間投資額
25歳506万円13万2千円159万円
30歳617万円5万5千円65万円
35歳750万円3万7千円44万円
40歳913万円2万9千円35万円
45歳1110万円2万4千円30万円
50歳1351万円2万2千円26万円

どうしても20~30歳でコーストFIREしたい人は、年間投資額が多いので、FIREに必要な副業や節約をして積立額を確保する必要があります。

一方、40~50歳でコーストFIREする人は、

月々の積み立て額が2万円代なので、この金額ならコーストFIRE達成前でも、そこまで節約や副業を気にする必要はありません。

以上のように、コーストFIREは、 
「FIREに必要な副業や節約をあまり気にしなくて良いFIRE」になります。

ヤマアラシ

FIREじゃないみたいですよね(笑)

コーストFIREのメリット・デメリット

コーストFIREのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・副業や節約をしなくて良い
・少ないリスク&FIRE達成の難易度が低い
・FIREのために諦めるものが少なく済む
・選択肢が広がる

コーストFIREのメリット

副業や節約をしなくて良い

先程も説明しましたが、副業や節約をしなくても良いのがコーストFIREになります。

なぜならフルタイムで働き続けるので、生活費の確保が出来るからです。

そのため、FIREに抵抗のある人や、環境が原因でFIREを目指せない人でも、
誰でも取り組むことができるのがコーストFIRE
だと思います。

少ないリスク&FIRE達成の難易度が低い

メリット①でも話しましたが、
達成後もフルタイムで働き生活費を確保するので、非常に安定しており、リスクがほぼありません。

おそらく、各FIREの中で1番リスクが少なく、安定したFIREになります。

また、早期リタイアしないので、時間はかかりますが非常に達成がしやすいです。

FIREのために諦めるものが少なく済む

メリットの最初でも少し話しましたが、

FIREを目指すと、場合によっては諦めないといけないことが出てきます。

例えば、

・マイホームの購入
・車の購入
・結婚

などがあたります。

理由は様々ですが、

・パートナーにFIREという生き方を理解してもらえない
・FIRE論的に買えない

などがあげられます。

しかし、コーストFIREは他のFIREとは一線を画し、限りなく「普通の人の暮らし」に近いので、これらも諦めずに済むことができます。

ヤマアラシ

周囲にも理解されやすいFIREだと思います!

選択肢が広がる

例えば以下の通りです。

選択肢

・積み立てていた余剰資金分を好きに使い、生活を豊かにできる
・ストレスの少ない仕事に転職する
・ライフプランの変更に合わせて他のFIREに移行
・余剰資金を積み増して、リタイア後の資産を増やす
・結婚する

このように、コーストFIRE達成後は資産が増える形ができているので、自由な選択が可能になります。

コーストFIREのデメリット

リタイアまでに時間がかかることです。

なぜなら、目的が違うからです。

そもそもコーストFIRE(Coast FIRE)は、記事序盤でも話した通り、働き続けることが前提です。

一方、他のFIREは「早期リタイア」が前提にあります。
この目指す目的が決定的に違います。

そのため、

「今すぐFIREしたい」
「とにかく仕事をしたくない」
「自由に生きていきたい」

人などにはデメリットとなり、コーストFIREは向いていません。

もし今すぐにでもFIREしたい人は、仮想通貨でFIREするという手もありますよ。

コーストFIREとバリスタFIREの違い

コーストFIREとバリスタFIREの違い

・コーストFIRE:労働収入(フルタイム)
・バリスタFIRE:不労所得+パートタイム労働(労働収入)

コーストFIREは最終的な目標額が貯まるまで、フルタイムで働くのが大きいです。
その代わり目標額が貯まれば、Fat FIREに移行することが多いので、完全に働く必要が無くなります。

FIREの種類

Fat FIRE金持ちFIRE
Lean FIRE節約仙人FIRE
Coast FIRE遠い将来、金銭的に豊かに暮らしたいから働きますFIRE
Barista FIRE引退後、生活費の一部をパートでまかなおうFIRE
サイドFIRE引退後、生活費の一部を副業でまかなおうFIRE

達成のしやすさは、コーストFIREが1番で、次にバリスタFIRE(サイドFIRE)になります。

また、コーストFIREは達成後、Fat FIREにも移行しやすいのが、強みでもあります。

まとめ

今回はコーストFIREをまとめました。

コーストFIRE(Coast FIRE)は、

・「老後の人生を穏やかに過ごしたい」
・「節約をしたくない」
・「普通の人と同じライフイベントを歩みたい」

といった人には最適なFIREと言えます。

あなたはどんな人生を歩みたいですか?

この記事が皆さんのFIRE計画の参考になれば幸いです。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

ピンタレストユーザーは、ピン保存お願いします

ピン保存すると、記事を読み返せるだけでなく、あなたのボードもさらに充実!

  • URLをコピーしました!
目次