プロフィール
ヤマアラシ
【完全初心者でも1から分かる、FIREするために必要な暗号資産の投資法】をコンセプトに、FIREと暗号資産(仮想通貨)について発信中。

✅2018年から暗号資産(仮想通貨)投資を始める
✅2019~2020年の間に100万失うが、2020年~2021年にかけて資産を4倍に増やす

そんな酸いも甘いも知った暗号資産(仮想通貨)投資家が、暗号資産(仮想通貨)でFIREをつかむために日々奮闘中。

イチオシ取引所

GMOコインのオススメポイント
PVアクセスランキング にほんブログ村

【運用報告】BitLendingで暗号資産を4カ月貸し出したら、驚きの結果が…

この記事のリンクは【広告PR】を含みます

BitLending(ビットレンディング)を始めようか迷ってるんだけど、本当に利息をもらえるのかな。なけなしのお金を預けて、お金が増えなかったらって考えると心配…

こんな悩みに答えます。

結論

4カ月間で累計34,990円もらえた

\ 登録無料&最高利率10% /

口座開設当日から貸出OK

私のプロフィール

本記事を書いている私(@yamaarashi_fire)は、BitLending(ビットレンディング)に暗号資産(仮想通貨)を、12カ月貸出中なので、少しはお役に立てるかと。

BitLending(ビットレンディング)を始めたいけど、本当にお金が増えるのか、不安な人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

BitLending(ビットレンディング)で4カ月間運用してみた結果報告
BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

をお伝えします。

この記事を読めば、BitLending(ビットレンディング)で、ちゃんとお金が増えるのかわかりますよ。

ぜひ、立ち読みしていってください。

ヤマアラシ

4カ月目以降の運用実績はこちら

>>【5カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【6カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【7カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【8カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【9ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績

ヤマアラシ

「BitLending(ビットレンディング)って、そもそも何?」という人は、先にこちらをどうぞ

目次

【運用報告】BitLending(ビットレンディング)で暗号資産を4カ月貸し出したら、驚きの結果が…

記事冒頭のとおり、BitLending(ビットレンディング)に4カ月間預けた結果、累計34,990円分の利息をもらえました。

✅BitLending(ビットレンディング)で4ヶ月間運用した結果

1カ月換算すると、平均8,636円の不労所得。

ヤマアラシ

マジで完全放置していただけなのに、お金が増えました

ご飯を食べているときや、Youtubeを見ているとき、寝ているときでも勝手に暗号資産(仮想通貨)が働いて、チャリンチャリンと自分の手元にお金が入ってきてくれるわけです。

正真正銘の不労所得ですね。単純に嬉しい。

では、ここで自分の貸出状況を整理しておきます。

貸出通貨と数量(4カ月時点)

・ビットコイン:0.45676537 BTC (1724,609円)
・イーサリアム:2.00464858 ETH(496,651円)
⇒合計:約220万円


※6/17時点

以上をふまえたうえで、各通貨の貸出状況を見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)

上記は、BitLending(ビットレンディング)で確認できるレポートです。

ビットコインは、4カ月目時点で5回に分けて貸し出しています。

その結果がこちら。

①貸出数量:0.45676537 BTC(レート:1724,609円)
②貸出料累計:0.0069938 BTC
③獲得金額:26,338円

4カ月目の段階で、累計約26,000円もらえていますね。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、4カ月目時点で2回に分けて貸し出しています。

その結果がこちら。

①貸出数量:2.00464858 ETH(レート:496,651円)
②貸出料累計:0.03464858 ETH
③獲得金額:8,560円

4カ月目の段階で、累計約8,500円もらえていますね。

合計すると、

26,338円+8,560円=34,898円

やはり、約35,000円分の不労所得をもらえていることがわかりました。

銀行とBitLending(ビットレンディング)を比較すると…

けど、これって元手が大きいから、こんなにもらえてるんでしょ

って思うかもですが、現在、金利が0.001%ほどである大手銀行に、私と同様の金額を1年間預けても、

たったの22円しかもらえません…

一方で、BitLending(ビットレンディング)なら、わずか4カ月で約3,5000円、倍率に換算すると銀行よりすでに、1590倍ももらえているんです。

BitLending(ビットレンディング)の利率が、いかにバグってるかがよくわかりますよね。

ちなみに、ビットコインの最低貸出金額である37,000円分を、1年間預けるだけでも、単純計算で約3,000円もらえます。

※最低貸出金額は6/17時点のレートです
※算出した受取額は、税引き前の金額です

つまり、自分と同じ220万円を銀行に預けるよりも、わずか37,000円だけでもBitLending(ビットレンディング)に預けた方が、はるかに利息をもらえるということです。

ご覧のように、BitLending(ビットレンディング)に預けて完全放置しても、ガンガンお金が増えていくのが、わかったのではないでしょうか。

あなたが、ご飯を食べたり、Youtubeを見たり、寝ているときでもお金が仕事をして、勝手に不労所得をもたらしてくれるわけです。

ただ1つだけ注意して欲しいのが、今後のビットコインの価格についてですね。

もし近い将来ビットコインの価格が上がれば、先程あげた最低貸出金額も上がっていくため、

BitLending(ビットレンディング)に預けたくても、貸出金額が高くて、もう預けられない…

こうなる可能性も。

※追記
6/22時点で1BTC=425万円を突破。このまま上昇していくと、ますます最低貸出金額が高くなり、預けられなくなるかも。

そうなる前に、今日からでもBitLending(ビットレンディング)を始めてみることをオススメします。

最短15分の口座開設で、申し込み当日からの貸出も可能ですよ。

BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

ここからは、BitLending(ビットレンディング)の始め方を案内しますね。

BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

取引所(交換業者)の口座開設
暗号資産(仮想通貨)の購入
BitLending(ビットレンディング)の口座開設
暗号資産(仮想通貨)の貸出申込
取引所(交換業者)から、暗号資産(仮想通貨)を送金

※すでに、取引所(交換業者)の口座開設と、暗号資産(仮想通貨)の用意ができている人は、下をタップすると③以降に飛べます。

>>BitLending(ビットレンディング)の口座開設方法へすすむ

取引所(交換業者)の口座開設

まだ、取引所(交換業者)の口座を持っていない人は、口座開設をしておきましょう。

1番のオススメは、GMOコインです。

なぜなら、GMOコインは送金手数料が無料だから。

通常、BitLending(ビットレンディング)に送金する際は、手数料がかかってしまいます。

スクロールできます
コインチェックビットフライヤーGMOコイン
送金手数料
(暗号資産を送金するときにかかる手数料)

【ビットコイン】
0.0005 BTC

【イーサリアム】
0.005 ETH
【ビットコイン】
0.0004 BTC
(※ 最小送付数量は、0.001 BTC、 bitWireを除く)

【イーサリアム】
0.005 ETH
(※ 最小送付数量は、0.001 ETH)
【ビットコイン】
無料

【イーサリアム】
無料
出典:送金・売買・入出金手数料 | 暗号資産取引所のCoincheck(コインチェック)
出典:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
出典:手数料一覧・税 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

ですが、GMOコインなら送金手数料が無料のおかげで、損せずに送金できるんです。

そのため、

暗号資産(仮想通貨)を始めたばかりで、まだ、1つの取引所(交換業者)しか口座開設してないな~

BitLending(ビットレンディング)に、定期的に暗号資産(仮想通貨)を貸し出したいけど、送金手数料がかかるのは嫌だな~

という人などは、このタイミングで口座開設しておくと便利ですよ。

>>GMOコインの口座開設方法

それ以外にも、bitFlyerやコインチェックも念のために口座開設しておくといいでしょう。

複数開設しておいた方が、取引所(交換業者)へのハッキングなどに対する、リスク分散にもなりますからね。

暗号資産(仮想通貨)の購入

取引所(交換業者)の口座開設が済んだら、暗号資産(仮想通貨)を買いましょう。

日本の取引所(交換業者)で買う場合、USDTやUSDCは取り扱っていないことから、「BTC」「ETH」「XRP」「DAI」の4つのいずれかになります。

各取引所(交換業者)での購入方法は、こちらで解説しているので、ご参考までに。

>>GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法
>>bitFlyerで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法
>>コインチェックで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法

BitLending(ビットレンディング)の口座開設

暗号資産(仮想通貨)の用意ができたら、次はBitLending(ビットレンディング)の口座開設をしましょう。

>>BitLending(ビットレンディング)公式サイト

BitLending(ビットレンディング)の口座開設は、カンタン3ステップで完了しますよ。

BitLending(ビットレンディング)の口座開設3ステップ!

メールアドレスの登録
本人情報の入力
本人確認資料の提出

画像つきで、口座開設の手順を知りたい人は、こちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)の貸出申込

口座開設が済んだら、いよいよ暗号資産(仮想通貨)の貸し出しです。

貸し出し時は、以下の点に注意が必要になります。

貸出時の注意点

貸し出した日から、1カ月以内の返還請求はできない
⇒最短貸出期間が1カ月になっているため

・返還請求した場合は、受理した翌日から7営業日後に返還される

STEP
BitLending(ビットレンディング)にログインし、「暗号資産(仮想通貨)を貸し出す」をタップ
STEP
貸し出したい暗号資産(仮想通貨)の数量を入力し、「入力内容確認」をタップ

貸し出し可能な暗号資産(仮想通貨)と、最低貸出数量は下記のとおり。

BitLending(ビットレンディング)で貸し出せる暗号資産(仮想通貨)と最低貸出数量

・ビットコイン(BTC)
⇒最低数量:0.01~

・イーサリアム(ETH)
⇒最低数量:0.1~

・リップル(XRP)
⇒最低数量:360~

・USテザー(USDT)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USテザー(USDT)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・ダイ(DAI)
⇒最低数量:200~

STEP
貸し出す暗号資産(仮想通貨)と数量に間違いがなければ、「この内容で申し込む」をタップ
STEP
「入金アドレスを確認する」をタップ
STEP
ステータスが「送金中」になっているのを、確認

「貸出アドレス」は、取引所(交換業者)から送金するときにいります。

いつでもコピーできる状態にしておきましょう。

※アドレスは、手入力ではなく、必ずコピーして貼り付けてください。

(1文字でも間違えると、暗号資産(仮想通貨)を正しく送金できないばかりか、送金した分の暗号資産(仮想通貨)は一生戻ってこないため、要注意)

貸し出しの申し込みが完了しました。

上記画面のステータスは、「送金中」とありますが、BitLending(ビットレンディング)への送金が完了すると、最終的に「承認完了」というステータスに変わり、貸し出しがスタートする形ですね。

取引所(交換業者)から暗号資産(仮想通貨)を送金

貸し出しの申し込みも済んだら、最後に暗号資産(仮想通貨)を送金しましょう。

取引所(交換業者)からの送金方法は、基本的にどこも一緒です。

取引所(交換業者)からBitLending(ビットレンディング)に、送金するまでの流れ

貸出(送金)アドレスを登録する
送付数量と送金目的を入力し、送金する

具体的な送金手順は長くなるので、次の記事を参考にしてください。

>>GMOコインから送金する手順
>>bitFlyerから送金する手順
>>コインチェックから送金する手順

BitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)が届いたかを確認する

以上で、全ての作業が終了しました。

暗号資産(交換業者)を送金後、BitLending(ビットレンディング)の貸出画面で、「承認完了」になっていれば、いよいよ貸し出しのスタートです。

ヤマアラシ

これで夢の不労所得が、毎月もらえるね!

まとめ

今回は、BitLending(ビットレンディング)の運用実績をお伝えしました。

BitLending(ビットレンディング)で4カ月間預けた結果

4カ月間で累計34,990円もらえた

BitLending(ビットレンディング)に預けると、本当にお金が増えるだけでなく、年利8%の高金利で運用できます。

ビットコインを長期投資する予定の人や、楽してお金を増やしたい人などは、BitLending(ビットレンディング)に預けて、夢の不労所得をもらっちゃいましょう。

\ 登録無料&最高利率10% /

口座開設当日から貸出OK

この記事が参考になれば、幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次