プロフィール
ヤマアラシ
【完全初心者でも1から分かる、FIREするために必要な暗号資産の投資法】をコンセプトに、FIREと暗号資産(仮想通貨)について発信中。

✅2018年から暗号資産(仮想通貨)投資を始める
✅2019~2020年の間に100万失うが、2020年~2021年にかけて資産を4倍に増やす

そんな酸いも甘いも知った暗号資産(仮想通貨)投資家が、暗号資産(仮想通貨)でFIREをつかむために日々奮闘中。

イチオシ取引所

GMOコインのオススメポイント
PVアクセスランキング にほんブログ村

【結論:怪しくない】BitLendingは怪しい?会社や評判も徹底的に調査してみた

この記事のリンクは【広告PR】を含みます

BitLending(ビットレンディング)って、一見良さそうに見えるけど、怪しくない?年利8%とかもそうだし、会社も聞いたことがないところだし…

こんな疑問にお答えます。

結論

怪しくない
運営元は真っ当な会社で、8%の年利もしっかりした理由があるから。

✅年利8%を実現できている理由
暗号資産(仮想通貨)に関わる事業を、展開しながら得られたノウハウをもとに、安定した収益モデルを構築できているから

✅株式会社J-CAMについて
長年、暗号資産(仮想通貨)の専門雑誌を発行しており、安定した事業基盤がある。これらで培ったノウハウをもとに、業界をリードするブロックチェーン企業とパートナーシップを組んで、様々な事業を展開している

✅BitLending(ビットレンディング)の評判・口コミ
>>評判や口コミを見る

✅BitLending(ビットレンディング)を、怪しいだけで済ませるにはもったいない理由
世界最高水準の利率8%
自動で複利運用してくれる
すぐに&少額から貸し出せる
返還請求後、7営業日で返還してくれる
サイトが見やすく、操作しやすい

✅BitLending(ビットレンディング)で、暗号資産(仮想通貨)を4ヶ月貸し出した結果
約35,000円の不労所得をもらえた

スクロールできます
年利
(利率)
8~10%
※「USDT」「USDC」「DAI」が10%
対応銘柄と最低貸出枚数
・ビットコイン(BTC):0.01 BTC
・イーサリアム(ETH):0.1 ETH
・リップル(XRP):360 XRP
・USテザー(USDT):200 USDT
・USDコイン(USDC):200 USDC
・ダイ(DAI):200 DAI
最低貸出期間1ヶ月
返還までにかかる日数返還申請日から7営業日
返還手数料年4回まで無料
途中解約手数料なし
出典:預けて増やす暗号資産レンディング 最高利率10%「BitLending」ビットレンディング

\ 登録無料&最高利率10% /

口座開設当日から貸出OK

私のプロフィール

本記事を書いている私(@yamaarashi_fire)は、BitLending(ビットレンディング)に暗号資産(仮想通貨)を、12ヶ月貸出中なので、少しはお役に立てるかと。

「BitLending(ビットレンディング)に興味があるけど、色々なんか怪しそう…」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人に向けて今回は、

BitLending(ビットレンディング)は怪しいのか調べてみた
BitLending(ビットレンディング)の評判・口コミ
BitLending(ビットレンディング)を怪しいだけで済ませるには、もったいない理由
実際にBitLending(ビットレンディング)で4ヶ月間貸し出した結果

をお伝えします。

この記事を読めば、BitLending(ビットレンディング)が、使っても良いサービスなのか、わかりますよ。

ぜひ、立ち読みしていってください。

ヤマアラシ

「BitLending(ビットレンディング)って、そもそも何?」という人は、先にこちらをどうぞ。

目次

【結論:怪しくない】BitLending(ビットレンディング)は怪しい?会社や評判も徹底的に調査してみた

まず、結論として、BitLending(ビットレンディング)は怪しくありません。

なぜなら、運営元は真っ当な会社ですし、8%の年利もしっかりした理由があるから。

それでも、

年利8%って逆に怪しくない?

運営元がどんな会社かよくわからない…

2022年の2月に始まったばかりのサービスって大丈夫かな…

などと思う人も多いでしょう。

そこで、この記事では、年利8%を実現できている理由や、運営元の会社について、徹底的に調査してみました。

年利8%を実現できている理由

年利8%を実現できている理由は、公式HPに書いてあります。

『BitLending』は、プラットフォームとしてお客様へ多くの収益を還元する体制を整えています。黎明期から取り組んできた暗号資産メディアとしてのノウハウをもとにWeb3.0領域の総合誌『Iolite アイオライト』の企画・発行を行うなどメディアとしての事業基盤に加えて、資産の貸出先であるパートナー企業各社で最新のブロックチェーンテクノロジーを駆使した暗号資産の活用でリスクを排除しながら安定した収益機会を得る事ができるため、他社や国内取引所と比べて高い年利を実現しています。

引用:預けて増やす暗号資産レンディング 最高利率10%「BitLending」ビットレンディング

要約すると次のとおり。

年利8%を実現できている理由

1.国内唯一のWeb3.0領域の総合誌『Iolite アイオライト』運営するほどの、安定した事業基盤があるから

2.これまでの事業基盤で培った、暗号資産(仮想通貨)の知識と経営ノウハウを活かして、海外取引所(交換業者)や大手投資機関などに多数貸し出し、安定的かつ効率的な収益を多くあげられているから

つまり、長年、暗号資産(仮想通貨)に関わる事業を展開しながら得られたノウハウをもとに、安定的&効率的な収益モデルを構築できているから、この利率を実現できているのです。

株式会社J-CAMについて

BitLending(ビットレンディング)の運営会社である「株式会社J-CAM」についても、いろいろ調べてみました。

・会社情報
・事業内容
・セキュリティ対策

調べてみると、いい意味でめちゃお堅くて、これまでとくに事業トラブルもないことから、安心して暗号資産(仮想通貨)を貸し出せる会社だと、私は感じましたよ。

会社概要

会社名株式会社J-CAM
所在地〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-10-5 KDX虎ノ門一丁目ビル11F
代表者【代表取締役】新津 俊之
役員【取締役】平尾 敏也
顧問【金融アドバイザー】倉本 佳光
事業内容・Web3.0領域の総合誌『Iolite アイオライト』の企画・発行
・暗号資産レンディングサービス『BitLending』の運営
会社HPhttps://j-cam.co.jp/
出典:預けて増やす暗号資産レンディング 最高利率10%「BitLending」ビットレンディング

BitLending(ビットレンディング)は、日本の企業が運営しています。

レンディングサービスと言えば、通常は海外企業の運営が多いので、日本の企業というだけで安心感があるのではないでしょうか。

また、会社HPを見たらわかりますが、よくある怪しそうなベンチャー企業が運営している感じではなく、しっかりしたお堅い企業の印象を受けますよ。

代表取締役や顧問の人のプロフィールも、あわせて紹介しておきますね。

【代表取締役】新津 俊之氏

1999年:大学卒業後、スタートアップ支援業務に従事

2002年:株式会社ディックル(現・株式会社デジリンク)を設立し、代表取締役を務める

2010年:株式会社ビズリーチに入社し、セレクト・アウトレット型ECサイト「LUXA(ルクサ)」の立ち上げに従事。その後、分社化した株式会社ルクサ(現・auコマース&ライフ株式会社)に参画。MD本部本部長、取締役として事業及び経営に従事

2019年4月:auコマース&ライフ株式会社取締役を務め、同年6月に専務取締役になる

2020年4月:社外取締役に就任。同年5月に株式会社J-CAMを設立し代表取締役に就任

参照:株式会社J-CAM(ジェイカム) – 新世代の金融へと加速する
【取締役】平尾 敏也氏

1985年:神戸大学経営学部経営学科を卒業後、株式会社三和銀行入行

1986年:三和総合研究所で従事

1987年:政府系シンクタンクである、総合研究開発機構(当時、経済企画庁管轄)での業務に従事し、研究の一環として、一橋大/今井教授と、日本企業のグローバリゼーションに関する著書の執筆も手掛ける。その後、三和銀行東京営業本部第3部~資本市場部政策株式班~名古屋支店融資課・取引先課次長を務める

2001年:同行合併後は、UFJ銀行東京営業本部第3部次長を務める

2003年:審査第5部部付部長時代には、双日㈱の経営再建を主導

2005年:㈱アタックスの執行役員に就任

2022年:㈱J-CAMの取締役に就任

参照:株式会社J-CAM(ジェイカム) – 新世代の金融へと加速する
【金融アドバイザー】倉本 佳光氏

・慶應義塾大学法学部法律学科を卒業後、山一証券株式会社に入社し金融業界でのキャリアをスタート

・その後、メリルリンチ日本証券株式会社マネージメント・コミッティーメンバーに就任、岡三アセットマネジメント株式会社では理事を務める

・これまでに、国内大手証券会社及び米系証券会社にて、リテール及び機関投資家への営業、上場企業の資金調達、IPO、M&Aなどの業務を担当

・現在では「株式会社J-CAM」にて、総合的な金融コンサルタントとして活躍

参照:株式会社J-CAM(ジェイカム) – 新世代の金融へと加速する

ホームページの顔写真も見ると、社長や幹部が変にインスタやTikTokをしているようなヤバそうな雰囲気はなく、しっかりした会社の重役だと一目でわかる印象の方々です。

ヤマアラシ

倉本さんは、コラム「国際経済の見どころ」も書いているから、興味のある人は見てね!

事業内容

運営元の株式会社J-CAMは、国立国会図書館にも置いてある専門雑誌「月刊暗号資産」を、5年もの間発行しており、暗号資産(仮想通貨)のれいめい期から業界で活躍してきた会社になります。

月刊暗号資産とは?

国内初の暗号資産(仮想通貨)や、ブロックチェーン関連情報を扱う専門月刊誌で、毎号30,000部発行している人気月刊誌

2018年2月:「月刊仮想通貨」専門誌を創刊

2020年6月:暗号資産に関する国内および海外の最新動向・トピックス情報をより早くお届けする「月刊暗号資産online」をリリース

2020年8月:「月刊暗号資産」に名称変更

ヤマアラシ

最近は、国内唯一のWeb3.0領域を扱う専門雑誌「Iolite(アイオライト)」も創刊したよ!

これまで、暗号資産(仮想通貨)系の投資銀行や、業界をリードするブロックチェーン企業と多数取引があり、そこから厳選した信頼できる企業とパートナーシップを組んで、様々な事業を展開しているんです。

厳選する際は、財務諸表やIR情報だけでなく、経営陣のリーダーシップや企業文化にも着目するなど、徹底的に調査をおこないパートナーシップを結ぶ企業を、決めているようですよ。

その中で実現できた事業サービスの1つが、BitLending(ビットレンディング)なわけですね。

けど、サービス開始からまだ1年間しか経ってないようなところに貸し出すのは、やっぱり不安だよ…

ヤマアラシ

確かにそうだよね…けど、ご安心を!

BitLending(ビットレンディング)は、2018年から運用テストを何度も実施し、安定してサービスを継続できる確証が得られたため、サービスを開始した経緯があります。

それだけでなく、COINPOSTといった複数の暗号資産(仮想通貨)大手メディアにも取り上げられるなど、国内初のレンディング専門サービスとして、業界内でも非常に注目されているサービスなんですよ。

・COINPOST:「貸借料率8%・最短7日返還|効率的な長期運用なら『BitLending』のレンディング
・BITTIMES:「暗号資産を貸して増やす「BitLending(ビットレンディング)」とは?特徴・使い方など
・PR TIMES:「J-CAM(ジェイカム)、国内No.1貸借料率の暗号資産貸借サービス「BitLending」正規版をリリース

ヤマアラシ

この中でも、COINPOSTは、Twitterフォロワー数約17万人を誇る、国内最大の暗号資産(仮想通貨)の専門メディアで、2020年には世界第3位の閲覧数を記録したこともあるぐらい、すごいメディアなんだ!

このことから、安心して預けても大丈夫なサービスだと言えるでしょう。

セキュリティ対策

最後にBitLending(ビットレンディング)のセキュリティ対策も、載せておきますね。

BitLending(ビットレンディング)のセキュリティ対策

・多要素認証や、送金アドレスリスト登録など、複合的要素による認証

・多重セキュリティシステム(不正送金を防止し、携帯やSIMカード盗難に伴うハッキングリスクを低減できる)

・出金時は、初回登録時に指定した暗号資産(仮想通貨)アドレスか、再度本人確認をして指定した暗号資産(仮想通貨)アドレスのいずれかにしか、送付できないシステム(他のユーザーの成りすまし等による、不正引き出しを防げる)

✅参照:預けて増やす暗号資産レンディング 最高利率10%「BitLending」ビットレンディング

ヤマアラシ

難しいこと言ってるけど、とにかく厳重なセキュリティ対策のもと、運営しているってこと!

ちなみに、BitLending(ビットレンディング)に不安を感じたら、暗号資産(仮想通貨)の返還や退会もカンタンにできますよ。ご安心を。

あと、最後に余談ですが、最近「トラベルルール」という、マネーロンダリング対策(※)のための法律が施工されました。

その法律についてもいち早く対応したことから、何かあってもすぐに対応してくれる会社だと、個人的には感じましたね。

※マネーロンダリング(Money Laundering)とは、資金洗浄のこと。麻薬取引、脱税、粉飾決算などの犯罪によって得られた資金(汚れたお金)を、資金の出所をわからなくするために、架空または他人名義の金融機関口座などを利用して、転々と送金を繰り返したり、株や債券の購入、大口寄付などを行ったりする

引用:マネーロンダリング│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

BitLending(ビットレンディング)の評判・口コミ

では、BitLending(ビットレンディング)利用者の声も、見ていきましょう。

BitLending(ビットレンディング)は怪しくない

怪しいでやらないのはもったいない

BitLending(ビットレンディング)の金利は高い

BitLending(ビットレンディング)は、確実に資産が増えていく

一通り調べたら、怪しいとツイートしている人はやはりたくさんいました。

そんな人達は、だいたいがBitLending(ビットレンディング)を始めておらず、機会損失をしている人達。

一方で、BitLending(ビットレンディング)をすでに始めている人達は、しっかりと利息ももらえており、順調に資産が増えている印象でしたね。

また、「利息がもらえなかった」といったトラブルを訴えている人も、1人もいませんでした。

とはいえ、最初は、少額から始めてみるのがいいと思いますよ。

BitLending(ビットレンディング)のデメリット

BitLending(ビットレンディング)にも、当然デメリットはあります。

BitLending(ビットレンディング)のデメリット

BitLending(ビットレンディング)の破綻リスク
送金手数料がかかる
貸し出して1ヶ月間は、返還請求ができない

BitLending(ビットレンディング)の破綻リスク

なんと言っても1番怖いのは、BitLending(ビットレンディング)が破綻する可能性。

そもそも、BitLending(ビットレンディング)に限らず、暗号資産(仮想通貨)の世界では、常に破綻リスクがつきものです。

ヤマアラシ

2022年には、取引所(交換業者)世界第2位だったFTXでさえ、倒産したからね…

対処法としては、リスク分散をしておくことが、重要ですよ。

・余剰資金だけを預ける
・他のレンディングサービスも利用する

もっとも基本的なこととして、BitLending(ビットレンディング)には、余剰資金だけを預けましょう。

さらに、BitLending(ビットレンディング)以外の、似たようなレンディングサービスに、分散して預けるのも手ですね。

他のレンディングサービスに、分散して預けることにより、どちらか片方が破綻しても、もう片方は無傷で済みますから。

じゃあ、どこのレンディングサービスを利用すれば良いの?

特にオススメなのは、PBRレンディング。

なぜなら、BitLending(ビットレンディング)より高利率の10%で運用でき、運営基盤も安定しているからです。

BitLending(ビットレンディング)と合わせて、PBRレンディングも利用すれば、破綻リスクを下げられますよ。

送金手数料がかかる

BitLending(ビットレンディング)で、暗号資産(仮想通貨)を貸し出すには、取引所(交換業者)から送金する必要があります。

このとき、通常は、手数料がかかってしまうんです。

1回の送金につき、おおよそ2,500~4,000円ぐらいですね。

結構高い…

けど、これに関しては、手数料を完全に無料にする方法がありますよ。

詳しくは、こちらをどうぞ。

貸し出して1ヶ月間は、返還請求ができない

貸し出して1ヶ月間は、返還請求ができきません。

預けた後に、ビットコインやイーサリアムが暴落して、慌てて売ろうと思ってもできないですから、貸出予定の資金を一気につぎ込むようなことは、止めた方がいいでしょう。

BitLending(ビットレンディング)を怪しいだけで済ませるにはもったいない理由

BitLending(ビットレンディング)は、デメリットやリスクも確かにあります。

ですが、怪しいだけで済ませるには非常にもったいない理由もたくさんあるんです。

BitLending(ビットレンディング)を、怪しいだけで済ませるにはもったいない理由

世界最高水準の利率8%
自動で複利運用してくれる
すぐに&少額から貸し出せる
返還請求後、7営業日で返還してくれる
サイトが見やすく、操作しやすい

世界最高水準の利率8%

BitLending(ビットレンディング)の最大の魅力は、やはり8%もの高利率であること。

この利率は、PBRレンディングに引けを取らず、国内だけでなく、海外のレンディングサービスと比較しても、世界最高水準の利率を誇っています。

✅国内のレンディングサービス利率一覧(※ビットコイン)

スクロールできます
BitLending
(ビットレンディング)
PBR レンディングGMOコインコインチェックLINE BITMAXHashHub
Lending
bitbank
1ヶ月~∞:年利8%【通常プラン】
1ヶ月~∞:年利10%

【プレミアムプラン】
1年~∞:年利12%
1ヶ月:年利1%
3ヶ月:年利3%
14日:年利1%
30日:年利2%
90日:年利3%
180日:年利4%
365日:年利5%
30日プラン:年利3%年利1.5%年利0.1~5%
出典:貸暗号資産ベーシック | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
出典:暗号資産貸出サービス マーケット連動(固定期間型)説明書
出典:貸コイン(貸暗号資産/レンディング)|SBI VCトレード|暗号資産(仮想通貨)・口座開設
出典:貸暗号資産サービス|SBI VCトレード|暗号資産(仮想通貨)・口座開設
出典:HashHubレンディング | 暗号資産から安定した収益を。
出典:貸暗号資産サービス | 暗号資産取引所のCoincheck(コインチェック)
出典:ビットバンク | 暗号資産を貸して増やす

✅海外のレンディングサービス利率一覧(※ビットコイン)

スクロールできます
nexo
YOUHODLER
VAULD
年利4~7%年利3%年利4.6%
(30日:6.7%)
出典:Earn Up to 16% Interest on Crypto – Simple & Secure • Nexo
出典:Earn Crypto With our Loyalty Program | YouHodler.com
出典:Vauld

これまでのレンディングサービスは、

・海外サービス:利率は高いけど、破綻リスクも高く日本語も不対応
・国内サービス:利率は低いけど、日本語対応で破綻リスクは少ない

といった感じで、一長一短でした。

そのような中、BitLending(ビットレンディング)は、国内のサービスなのに利率も世界最高水準であり、いいとこどりのサービスなんですよね。

そのため、BitLending(ビットレンディング)の利率8%は、数字以上に価値のあるものというわけです。

自動で複利運用してくれる

BitLending(ビットレンディング)は、自動で複利運用してくれるのもありがたい点。

複利って何??

複利とは、運用で得た利益を元本にプラスして、再び投資することを言います。

出典:複利と単利って?カンタンな計算式で金利と投資に強くなる | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
ヤマアラシ

あのアインシュタインでさえ、複利は「人類最大の発明」と言わしめたほどなんだよ!

この複利運用をすれば、元本がどんどん増え、もらえる利息も効率よく増えるんです。

複利運用の有無での比較

✅元本100万円を年利8%で、10年間運用したとき

複利と単利の違い – 高精度計算サイト
(※皆さんも、それぞれ計算してみてください!)

複利あり:約215万
複利なし(単利):180万

⇒差額:約35万

上記の計算のとおり、BitLending(ビットレンディング)と同じ年利8%で運用すると、複利の有無だけで約35万も変わってきます。

ただ、複利運用を自動でやってくれる他のサービスは、PBRレンディングぐらいで案外少なく、自分でやると結構めんどくさいんですよね。

一方で、BitLending(ビットレンディング)では、自動で複利運用してくれるので、ほったらかしつつ、効率的に資産を増やせますよ。

ヤマアラシ

地味にコレ、めっちゃありがたいです…!

すぐに&少額から貸し出せる

BitLending(ビットレンディング)では、口座開設当日から、少額で貸し出せるのも嬉しいポイント。

すぐに貸し出せるなんて、当たり前だろ

って思うかもですが、実は当たり前じゃないんです。

その理由は、すぐには貸し出せないサービスも多いから。

例えば、有名取引所(交換業者)のレンディングサービスでは、年利が低いコースしか空きがなかったり、そもそも空きがないことも、多いんですよね。

BitLending
(ビットレンディング)
GMOコイン
(※2024/2/13時点)
コインチェック
(※2024/2/13時点)
ビットコイン
(BTC)
通年で貸出可能
(口座開設当日からもOK)
空き無し14日間(年利1%):空きあり
30日間(年利2%):空きあり
イーサリアム
(ETH)
通年で貸出可能
(口座開設当日からもOK)
3ヶ月(年利3%):空きあり14日間(年利1%):空きあり
30日間(年利2%):空きあり

けど、コインチェックとかは年利低いけど、貸し出せるからいいじゃん

ヤマアラシ

それが、そうでもないんだ

コインチェックなどの取引所(交換業者)は、限られた定員に対して応募者が多いせいで、申し込めてもなかなか承認がおりず、いつまでも貸し出しが始まらないことも、ざらにあります。

BitLending(ビットレンディング)では、当然そんなことはありません。

口座開設当日から申し込め、送金をすませれば、最長でも3日以内には承認がおり、スピーディーに貸し出しを始められるんです。

そして、少ない金額から貸し出せるのも良い点。

✅貸出可能な暗号資産(仮想通貨)と、最低貸出数量

スクロールできます
銘柄
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル
(XRP)
USテザー(USDT)
※TRC‑20
USテザー(USDT)
※ERC‑20
USDコイン(USDC)
※TRC‑20
USDコイン(USDC)
※ERC‑20
ダイ(DAI)
最低枚数0.01BTC
(71,973円)
※2024/2/12時点
0.1 ETH
(37,389円)
※2024/2/12時点
360 XRP
(28,080円)
※2024/2/12時点
200 USDT
(29,792円)
※2024/2/12時点
200 USDT
(29,792円)
※2024/2/12時点
200 USDC
(29,794円)
※2024/2/12時点
200 USDC
(29,794円)
※2024/2/12時点
200 DAI
(29,828円)
※2024/2/12時点
参照:カスタマーサポート|Customer Support|暗号資産レンディング 最高利率10% 預けて増やすBitLending

現時点では、2~7万から貸し出せます。

しかし、1つだけ注意して欲しいのが、今後のビットコインの価格について。

もし近い将来ビットコインの価格が上がれば、最低貸出金額も上がっていくため、

BitLending(ビットレンディング)に預けたくても、貸出金額が高くて、もう預けられない…

こうなる可能性も。

そうなる前に、今のうちにBitLending(ビットレンディング)を始めた方がいいでしょう。

※追記
この記事をはじめに書いた2023/6時点では、ビットコインも3万円程度から貸し出せました。
しかし、2024/2現在、ETFの承認や半減期への期待により、すでに7万円からでないと貸し出せない状況です。
今後、1~2年にかけてさらなる価格の急騰も考えられるため、早いうちに始めた方がいいと個人的には思います。

返還請求後、7営業日で返還してくれる

BitLending(ビットレンディング)は、返還請求後、7営業日で返還してくれます。

※営業日とは
土日祝日を除いた平日の稼働日のこと

✅返還スケジュールの例

例えば、9/1に返還申請すると、9/12の返還です。

別のサービスでは、返還請求後、1ヶ月戻ってこないものもあるのを考えると、かなり早いと言えますね。

サイトが見やすく、操作しやすい

サイトが見やすく、操作しやすいのもありがたいところ。

✅BitLending(ビットレンディング)のサイト画面

✅BitLending(ビットレンディング)の操作動画

ごちゃごちゃ感がなく、とてもシンプルなサイト設計であり、ストレスなく様々な操作ができますよ。

BitLending(ビットレンディング)で暗号資産(仮想通貨)を4ヶ月貸し出した結果

今まで、BitLending(ビットレンディング)について色々と話してきましたが、論より証拠ということで、最後に私の運用実績も報告しておきますね。

結論としては、4ヶ月間で約35,000円の不労所得をもらえました。

✅BitLending(ビットレンディング)で、4ヶ月間運用した結果

1ヶ月換算すると、平均8,636円の不労所得。

ヤマアラシ

完全放置していただけなのに、マジでお金が増えました

ご飯を食べたり、Youtubeを見たり、寝ているときでも勝手に暗号資産(仮想通貨)が働いて、チャリンチャリンと自分の手元に、お金が入ってきてくれるわけです。

このように、預けているだけでお金が増えるため、ビットコインを長期投資する予定の人や、楽してお金を増やしたい人などには、ピッタリのサービスと言えるでしょう。

さらに詳細な利息の内訳を知りたい人は、こちらをご覧ください。

>>【5ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【6ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【7ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【8ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【9ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績

BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

ここからは、BitLending(ビットレンディング)の始め方を、カンタンに案内しますね。

もっと詳しく知りたい人は、こちら。

BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

取引所(交換業者)の口座開設
暗号資産(仮想通貨)の購入
BitLending(ビットレンディング)の口座開設
暗号資産(仮想通貨)の貸出申込
取引所(交換業者)から、暗号資産(仮想通貨)を送金

※すでに、取引所(交換業者)の口座開設と、暗号資産(仮想通貨)の用意ができている人は、下をタップすると③以降に飛べます。

>>BitLending(ビットレンディング)の口座開設方法へすすむ

取引所(交換業者)の口座開設

まだ、取引所(交換業者)の口座を持っていない人は、口座開設をしておきましょう。

1番のオススメは、GMOコインです。

なぜかというと、GMOコインであれば、手数料無料で送金できるから。

スクロールできます
コインチェックビットフライヤーGMOコイン
送金手数料
(暗号資産を送金するときにかかる手数料)

【ビットコイン】
0.0005 BTC

【イーサリアム】
0.005 ETH
【ビットコイン】
0.0004 BTC
(※ 最小送付数量は、0.001 BTC、 bitWireを除く)

【イーサリアム】
0.005 ETH
(※ 最小送付数量は、0.001 ETH)
【ビットコイン】
無料

【イーサリアム】
無料
出典:送金・売買・入出金手数料 | 暗号資産取引所のCoincheck(コインチェック)
出典:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
出典:手数料一覧・税 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

そのため、

暗号資産(仮想通貨)を始めたばかりで、まだ、1つの取引所(交換業者)しか口座開設してないな~

BitLending(ビットレンディング)に、定期的に暗号資産(仮想通貨)を貸し出したいけど、送金手数料がかかるのは嫌だな~

という人などは、このタイミングで口座開設しておくと便利ですよ。

>>GMOコインの口座開設方法

それ以外にも、bitFlyerやコインチェックも念のために口座開設しておくといいでしょう。

複数開設しておいた方が、取引所(交換業者)へのハッキングなどに対する、リスク分散にもなりますからね。

暗号資産(仮想通貨)の購入

取引所(交換業者)の口座開設が済んだら、暗号資産(仮想通貨)を買いましょう。

日本の取引所(交換業者)で買う場合、USDTやUSDCは取り扱っていないことから、「BTC」「ETH」「XRP」「DAI」の4つのどれかになります。

各取引所(交換業者)での購入方法は、こちらで解説しているので、ご参考までに。

>>GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法
>>bitFlyerで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法
>>コインチェックで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法

BitLending(ビットレンディング)の口座開設

暗号資産(仮想通貨)の用意ができたら、次はBitLending(ビットレンディング)の口座開設をしましょう。

>>BitLending(ビットレンディング)公式サイト

BitLending(ビットレンディング)の口座開設は、カンタン3ステップで完了しますよ。

BitLending(ビットレンディング)の口座開設3ステップ!

メールアドレスの登録
本人情報の入力
本人確認資料の提出

画像つきで、口座開設の手順を知りたい人は、こちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)の貸出申込

口座開設が済んだら、いよいよ暗号資産(仮想通貨)の貸し出しです。

貸し出し時は、以下の点に注意が必要になります。

貸出時の注意点

貸し出した日から、1ヶ月以内の返還請求はできない
⇒最短貸出期間が1ヶ月になっているため

・返還請求した場合は、受理した翌日から7営業日で返還される

STEP
BitLending(ビットレンディング)にログインし、「暗号資産(仮想通貨)を貸し出す」をタップ
STEP
貸し出したい暗号資産(仮想通貨)の数量を入力し、「入力内容確認」をタップ

貸し出し可能な暗号資産(仮想通貨)と、最低貸出数量は下記のとおり。

BitLending(ビットレンディング)で貸し出せる暗号資産(仮想通貨)と最低貸出数量

・ビットコイン(BTC)
⇒最低数量:0.01~

・イーサリアム(ETH)
⇒最低数量:0.1~

・リップル(XRP)
⇒最低数量:360~

・USテザー(USDT)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USテザー(USDT)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・ダイ(DAI)
⇒最低数量:200~

STEP
貸し出す暗号資産(仮想通貨)と数量に間違いがなければ、「この内容で申し込む」をタップ
STEP
「入金アドレスを確認する」をタップ
STEP
ステータスが「送金中」になっているのを、確認

「貸出アドレス」は、取引所(交換業者)から送金するときにいります。

いつでもコピーできる状態にしておきましょう。

※アドレスは、手入力ではなく、必ずコピーして貼り付けてください。

(1文字でも間違えると、暗号資産(仮想通貨)を正しく送金できないばかりか、送金した分の暗号資産(仮想通貨)は一生戻ってこないので、要注意)

貸し出しの申し込みが完了しました。

上記画面のステータスは、「送金中」とありますが、BitLending(ビットレンディング)への送金が完了すると、最終的に「承認完了」というステータスに変わり、貸し出しがスタートする形ですね。

取引所(交換業者)から暗号資産(仮想通貨)を送金

貸し出しの申し込みも済んだら、最後に暗号資産(仮想通貨)を送金しましょう。

取引所(交換業者)からの送金方法は、基本的にどこも一緒です。

取引所(交換業者)から、BitLending(ビットレンディング)に、送金するまでの流れ

貸出(送金)アドレスを登録する
送付数量と送金目的を入力し、送金する

具体的な送金手順は長くなるため、次の記事を参考にしてください。

>>GMOコインから送金する手順
>>bitFlyerから送金する手順
>>コインチェックから送金する手順

BitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)が届いたかを確認する

以上で、全ての作業が終了しました。

暗号資産(交換業者)を送金後、BitLending(ビットレンディング)の貸出画面で、「承認完了」になっていれば、いよいよ貸し出しのスタートです。

ヤマアラシ

これで夢の不労所得が、毎月もらえるね!

BitLending(ビットレンディング)のQ&A

最低いくらから貸し出せる?

貸出可能な数量は以下のとおり。

スクロールできます
銘柄
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル
(XRP)
USテザー(USDT)
※TRC‑20
USテザー(USDT)
※ERC‑20
USDコイン(USDC)
※TRC‑20
USDコイン(USDC)
※ERC‑20
ダイ(DAI)
最低枚数0.01BTC
(71,973円)
※2024/2/12時点
0.1 ETH
(37,389円)
※2024/2/12時点
360 XRP
(28,080円)
※2024/2/12時点
200 USDT
(29,792円)
※2024/2/12時点
200 USDT
(29,792円)
※2024/2/12時点
200 USDC
(29,794円)
※2024/2/12時点
200 USDC
(29,794円)
※2024/2/12時点
200 DAI
(29,828円)
※2024/2/12時点
参照:カスタマーサポート|Customer Support|暗号資産レンディング 最高利率10% 預けて増やすBitLending
最低貸出期間はどのぐらい?

最低貸出期間は、1ヶ月となっています。

1ヶ月経過前の返還はできません。貸し出しから1ヶ月経過後、返還ができますよ。

貸し出し時に、申込数量と実際の送金数量に誤差があったら、申込数量に達しないと貸出は始まらないの?

申込数量との誤差があっても、最低数量以上だったら貸し出しは開始されます。安心してください。

暗号資産(仮想通貨)の送金がよくわからないから、日本円を入金して貸し出したいんだけど、できる?

できません。

BitLending(ビットレンディング)は、暗号資産(仮想通貨)の貸し出しだけをおこなっているサービスです。

大変ですが、取引所(交換業者)で暗号資産(仮想通貨)をご用意のうえ、送金して貸し出してください。

誤って、対応していない暗号資産(仮想通貨)を送金したら、どうなる?

BitLending(ビットレンディング)側で、受け取れません。

そうなると、送金した暗号資産(仮想通貨)は一生戻ってこないですから、絶対に間違えないようにしましょう。

退会するにはどうすれば良い?

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に、以下の情報を送ればできますよ。

氏名
解約希望の旨

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に送信

送信後は、運営の案内に従って、退会手続きを進めましょう。

送金が完了してから時間が経っても、マイページの着金が反映されない場合は、どうしたらいい?

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に①、②の情報を送ってください。

① 送金元取引所(ウォレット)の送金履歴スクリーンショット画面
② トランザクションID(テキストで記載)

「bitlending@j-cam.co.jp」宛に送信

スマホアプリはある?

ありません。

ブラウザから、ログインして使いましょう。

まとめ

今回は、BitLending(ビットレンディング)は怪しいのかについて、解説しました。

結論

怪しくない
運営元は真っ当な会社で、8%の年利もしっかりした理由があるから。

✅年利8%を実現できている理由
暗号資産(仮想通貨)に関わる事業を展開しながら得られたノウハウをもとに、安定した収益モデルを構築できているから

✅株式会社J-CAMについて
長年、暗号資産(仮想通貨)の専門雑誌を発行しており、安定した事業基盤がある。これらで培ったノウハウをもとに、業界をリードするブロックチェーン企業とパートナーシップを組んで、様々な事業を展開している

✅BitLending(ビットレンディング)の評判・口コミ
>>評判や口コミを見る

✅BitLending(ビットレンディング)を、怪しいだけで済ませるにはもったいない理由
世界最高水準の利率8%
自動で複利運用してくれる
すぐに&少額から貸し出せる
返還請求後、7営業日で返還してくれる
サイトが見やすく、操作しやすい

✅BitLending(ビットレンディング)で、暗号資産(仮想通貨)を4ヶ月貸し出した結果
約35,000円の不労所得をもらえた

BitLending(ビットレンディング)は、健全な会社が運営しており、年利8%も企業努力で実現できています。

ただ世間では、BitLending(ビットレンディング)は怪しいと言って、まだまだ始めていない人がたくさんいるのも事実。

これは、正直かなりもったいないです。

一方で、すでに怪しくないと知ったあなたは、そんな人達より先に今が資産を増やせるチャンス。

パパっと口座開設を済ませて、夢の不労所得をもらっちゃいましょう。

ヤマアラシ

ほったらかしつつ、先行者利益を得よう!

\ 登録無料&最高利率10% /

口座開設当日から貸出OK

この記事が参考になれば、幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次