プロフィール
ヤマアラシ
【完全初心者でも1から分かる、FIREするために必要な暗号資産の投資法】をコンセプトに、FIREと暗号資産(仮想通貨)について発信中。

✅2018年から暗号資産(仮想通貨)投資を始める
✅2019~2020年の間に100万失うが、2020年~2021年にかけて資産を4倍に増やす

そんな酸いも甘いも知った暗号資産(仮想通貨)投資家が、暗号資産(仮想通貨)でFIREをつかむために日々奮闘中。

イチオシ取引所

GMOコインのオススメポイント
PVアクセスランキング にほんブログ村

【限定公開】BitLendingへの送金手数料を無料にする裏技を伝授

この記事のリンクは【広告PR】を含みます

BitLneding(ビットレンディング)へ送金すると、毎回手数料がかかるのを、どうにかできないかな?

これから、BitLending(ビットレンディング)を始めるんだけど、送金手数料を無料にする方法を知りたい!

こんな悩みに答えます。

結論

GMOコインから送金すれば、手数料無料

記事を読むのがめんどくさい人は、GMOコインで口座開設して、送金すれば即解決しますよ

>>GMOコイン公式サイトはこちら

✅GMOコインのオススメポイント

私のプロフィール

本記事を書いている私(@yamaarashi_fire)は、BitLending(ビットレンディング)に暗号資産(仮想通貨)を、12カ月貸出中なので、少しはお役に立てるかと。

BitLending(ビットレンディング)へ送金すると、毎回手数料を取られるのが地味に痛いところ。

そこで今回は、

BitLending(ビットレンディング)への送金手数料を無料にする裏技
BitLedning(ビットレンディング)のやり方・始め方

を解説します。

結論のとおり、GMOコインから送金すると手数料がかからないのですが、この後さらに詳細を述べていきますね。

この記事を読めば、無駄に手数料を払わなくて済むようになりますよ。

ぜひ、立ち読みしていってください。

ヤマアラシ

まだBitLending(ビットレンディング)の口座開設をしていない人は、済ませておこう!

目次

【限定公開】BitLending(ビットレンディング)への送金手数料を無料にする裏技

冒頭で述べたように、GMOコインを利用すれば、手数料無料で送金できます。

通常、取引所(交換業者)から暗号資産(仮想通貨)を送金すると、手数料がかかるんです。

✅有名取引所(交換業者)の送金手数料

スクロールできます
コインチェックビットフライヤーGMOコイン
送金手数料
(暗号資産を送金するときにかかる手数料)

【ビットコイン】
0.0005 BTC
3,598円(※1)

【イーサ】
0.005 ETH
1,869円(※1)
【ビットコイン】
0.0004 BTC
(※ 最小送付数量は、0.001 BTC、 bitWireを除く)
2,878円(※1)

【イーサ】
0.005 ETH
(※ 最小送付数量は、0.001 ETH)
1,869円(※1)
【ビットコイン】
無料

【イーサ】
無料
出典:送金・売買・入出金手数料 | 暗号資産取引所のCoincheck(コインチェック)
出典:手数料(入出金・取引) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
出典:手数料一覧・税 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】
※1 2024/2/12時点の価格から算出

ご覧のように、2024年2月現在、1回送金するだけで、ビットコインであれば2,000~4,000円、イーサなら約2,000円もかかるんですよね。

1回の送金手数料が3,000円だった場合

⇒3回送金すると9,000円…
⇒6回送金すると18,000円…
⇒10回送金すると、なんと30,000円

1回の送金ではギリギリ許せても、送金回数が積み重なると、とても払えたものではありません。

ですが、GMOコインなら何回送金しても1円もかからないんです。

そのため、

暗号資産(仮想通貨)を始めたばかりで、まだ、1つの取引所(交換業者)しか口座開設してないな~

BitLending(ビットレンディング)に、定期的に暗号資産(仮想通貨)を貸し出したいけど、送金手数料が毎回かかるのは嫌だな~

という人などは、このタイミングで口座開設しておくと便利ですよ。

>>GMOコインの口座開設方法

また、GMOコインは送金手数料以外にも良いポイントがたくさんあり、私自身、最も愛用している取引所(交換業者)になります。

ヤマアラシ

3年間使ってるよ!

✅GMOコインのオススメポイント

口座開設しておいて、損はないでしょう。

BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

送金手数料を無料にする方法も分かったし、これからBitLending(ビットレンディング)を始めようかな!

という人は、詳しい始め方も、あわせて紹介しておきますね。

BitLending(ビットレンディング)のやり方・始め方

取引所(交換業者)の口座開設
暗号資産(仮想通貨)の購入
BitLending(ビットレンディング)の口座開設
暗号資産(仮想通貨)の貸出申込
取引所(交換業者)から、暗号資産(仮想通貨)を送金

※すでに、取引所(交換業者)の口座開設と、暗号資産(仮想通貨)の用意ができている人は、ここから③以降に飛べます。

>>BitLending(ビットレンディング)の口座開設方法へすすむ

取引所(交換業者)の口座開設

まだ、取引所(交換業者)の口座を持っていない人は、口座開設をしておきましょう。

1番のオススメは、先ほども述べたGMOコインです。

>>GMOコインの口座開設方法

それ以外にも、bitFlyerやコインチェックも念のために口座開設しておくといいですよ。

複数開設しておくと、取引所(交換業者)へのハッキングなどに対する、リスク分散にもなりますからね。

暗号資産(仮想通貨)の購入

取引所(交換業者)の口座開設が済んだら、暗号資産(仮想通貨)を買いましょう。

日本の取引所(交換業者)で買う場合、USDTやUSDCは取り扱っていないことから、「BTC」「ETH」「XRP」「DAI」の4つのいずれかになります。

各取引所(交換業者)での購入方法は、こちらで解説しているので、ご参考までに。

>>GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法
>>bitFlyerで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法
>>コインチェックで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法

BitLending(ビットレンディング)の口座開設

暗号資産(仮想通貨)の用意ができたら、次はBitLending(ビットレンディング)の口座開設をしましょう。

>>BitLending(ビットレンディング)公式サイト

BitLending(ビットレンディング)の口座開設は、カンタン3ステップで完了しますよ。

BitLending(ビットレンディング)の口座開設3ステップ!

メールアドレスの登録
本人情報の入力
本人確認資料の提出

画像つきで、口座開設の手順を知りたい人は、こちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)の貸出申込

口座開設が済んだら、いよいよ暗号資産(仮想通貨)の貸し出しです。

貸し出し時は、以下の点に注意が必要です。

貸出時の注意点

貸し出した日から、1カ月以内の返還請求はできない
⇒最短貸出期間が1ヵ月になっているため

・返還請求した場合は、受理した翌日から7営業日後に返還される

STEP
BitLending(ビットレンディング)にログインし、「暗号資産(仮想通貨)を貸し出す」をタップ
STEP
貸し出したい暗号資産(仮想通貨)の数量を入力し、「入力内容確認」をタップ

貸し出し可能な暗号資産(仮想通貨)と、最低貸出数量は下記のとおり。

BitLending(ビットレンディング)で貸し出せる暗号資産(仮想通貨)と最低貸出数量

・ビットコイン(BTC)
⇒最低数量:0.01~

・イーサリアム(ETH)
⇒最低数量:0.1~

・リップル(XRP)
⇒最低数量:360~

・USテザー(USDT)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USテザー(USDT)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※TRC‑20
⇒最低数量:200~

・USDコイン(USDC)※ERC‑20
⇒最低数量:200~

・ダイ(DAI)
⇒最低数量:200~

STEP
貸し出す暗号資産(仮想通貨)と数量に間違いがなければ、「この内容で申し込む」をタップ
STEP
「入金アドレスを確認する」をタップ
STEP
ステータスが「送金中」になっているのを、確認

「貸出アドレス」は、取引所(交換業者)から送金する際にいります。

いつでもコピーできる状態にしておきましょう。

※アドレスは、手入力ではなく、必ずコピーして貼り付けてください。

(1文字でも間違えると、暗号資産(仮想通貨)を正しく送金できないばかりか、送金した分の暗号資産(仮想通貨)は一生戻ってこないため、要注意)

貸し出しの申し込みが完了しました。

上記画面のステータスは、「送金中」とありますが、BitLending(ビットレンディング)への送金が完了すると、最終的に「承認完了」というステータスに変わり、貸し出しがスタートする形ですね。

取引所(交換業者)から暗号資産(仮想通貨)を送金

貸し出しの申し込みが済んだら、最後に暗号資産(仮想通貨)を送金しましょう。

取引所(交換業者)からの送金方法は、基本的にどこも一緒です。

取引所(交換業者)からBitLending(ビットレンディング)に、送金するまでの流れ

貸出(送金)アドレスを登録する
送付数量と送金目的を入力し、送金する

具体的な送金手順は長くなるので、次の記事を参考にしてください。

>>GMOコインから送金する手順
>>bitFlyerから送金する手順
>>コインチェックから送金する手順

BitLending(ビットレンディング)に、暗号資産(仮想通貨)が届いたかを確認する

以上で、全ての作業が終了しました。

暗号資産(交換業者)を送金後、BitLending(ビットレンディング)の貸出画面で、「承認完了」になっていれば、いよいよ貸し出しのスタートです。

ヤマアラシ

これで夢の不労所得が、毎月もらえるね!

なお、実際に不労所得がもらえるのか知りたい人は、私の運用報告を見てください。

>>【5カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【6カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【7カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【8カ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績
>>【9ヶ月目】BitLending(ビットレンディング)運用実績

まとめ

今回は、BitLending(ビットレンディング)への送金手数料を無料にする裏技を紹介しました。

まとめ

GMOコインから送金すれば、手数料無料

>>GMOコイン公式サイトはこちら

✅GMOコインのオススメポイント

GMOコインは、送金手数料が無料なだけでなく、上記のオススメポイントもあり、口座開設しておいて損はない取引所(交換業者)です。

すでに別の取引所(交換業者)からBitLending(ビットレンディング)に送金している人も、これからBitLending(ビットレンディング)を始める人も、口座開設しておくといいですよ。

この記事が参考になれば、幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次