プロフィール

【リーンFIREとは?】自分の〇〇を追求できるのが特権です

とにかく自由に生きたい人

お金なくても良いから、働かずに自由に生きたいな~

こんな悩みにお答えします。


「お金はなくていいから、自由に生きたい」と思ったことはないですか?
そんな人はリーンFIREがおススメです。

なぜなら、必要金額が非労働型FIREの中では1番少ないからです。

今回は、そんなリーンFIREについて紹介します。

この記事を読めば、自由な暮らしを手に入れられるかもしれません。

「FIREってそもそも何?」という方はこちら👇

結論

・リーンFIREとは 「節約により生活費を極限まで切り詰め、達成するFIRE」 であり、貯蓄率を上げやすい
・リーンFIRE達成に必要な金額は3000万円以下
・リーンFIRE達成のコツは、 「消費活動に対する考え方」を根本的に変えること
・メリットは「達成年数が早く、本質的な自分の幸せを追求できる 」ことであり、デメリットは「経済的に余裕がないことや、働かないこと」に起因する

読むメリット

・達成難易度の低いFIREを知れる
・自分の人生の本質を考えられる
・リーンFIREの概要や必要金額、達成のコツやメリット・デメリットを知れる

この記事におススメの人

・お金はなくていいから、自由に生きたい人
・節約大好きな人
・ミニマリストの人

目次

リーンFIREとは

初めにFIREは以下の種類があります。

Fat FIRE金持ちFIRE
Lean FIRE節約仙人FIRE
Coast FIRE遠い将来、金銭的に豊かに暮らしたいから働きますFIRE
Barista FIRE引退後、生活費の一部をパートでまかなおうFIRE
サイドFIRE引退後、生活費の一部を副業でまかなおうFIRE

今回は、リーンFIREを説明します。

リーンFIREは表の通り、「節約により生活費を極限まで切り詰め、達成するFIRE」になります。

このリーンFIREは「人生において、労働より自由を目指し、本質的に自分が価値を感じる体験や物に対して人生を費やすのが目的」であり、FIRE達成前も達成後も節約する必要があります。

一方で、生活費がかからないため、貯蓄率が高くなるのが良い点です。

なぜなら、貯蓄率はFIRE達成には重要な指標だからです。

このグラフを見てください。

              出典:FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド 

このグラフは「リタイアにかかる年数」と「貯蓄率」を投資リターン(資産運用で投資を行い発生した利益のパーセント)ごとにプロットしたものです。

グラフの見方

グラフの横軸:貯蓄率
10本ある曲線:投資リターン
グラフの縦軸:リタイアまでの年数

例えば、投資リターン1%の場合、

・貯蓄率20%の場合→FIREまでに約70年
・貯蓄率50%の場合⇒FIREまでに約20年弱
・貯蓄率80%の場合⇒FIREまでに約10年以内

ご覧のとおり貯蓄率が上がるほど、FIRE達成までの期間は短くなります。

このように、FIRE達成において貯蓄率は重要な指標なのです。


実際、日本のFIRE界隈で有名な穂高唯希さんは、

収入の8割(貯蓄率80%)を投資に回し、FIREを決意してわずか7年ほどで達成しています。

ちなみに、この穂高さんもリーンFIRE達成者であるため、いかにリーンFIREの強みが「貯蓄率を高めること」であるか体現しています。

そんなリーンFIREですが、達成の方法や目的からも分かる通り、ミニマリストや節約が好きな人は比較的相性が良いFIREになります。

ヤマアラシ

「リーンFIRE×ミニマリスト」
「リーンFIRE×節約好き」
の方は目指しても良いかも!

リーンFIREに必要な金額

では、実際いくら必要か計算してみましょう。
今回は日本人の平均生活費を参考に検証してみます。

条件

4%ルールで算出
・日本人の平均生活費が月々21万(今回は①単身勤労者世帯、②~34歳を採用)なので、それを基準に月々26万円月々5万円まで算出(+5万円ずつで表には表示)

生活費(月)26万21万16万11万6万
必要金額7800万6300万4800万3300万1800万
            参考:総務省統計局e-Stat「家計調査 家計収支編 単身世帯 詳細結果表 年次 2020年 表2

日本人の平均だとまだ莫大な金額ですね。
しかし、11万だと半額程度になります。

リーンFIRE達成者には、
生活費を10万円以内に抑えている人も多いので、必要金額は3000万円以下になりそうです。

リーンFIRE達成のためのコツ

ここまで来て、

自分はこの生活は無理だよ…

と思っている人もいると思います。

確かにそうですよね(私も元々浪費家です)。

リーンFIREは支出を極限まで抑えることが重要で、半永久的にそれが続きます。
それを一生続けるのは並大抵ではありません。

そのため、節約の知識を身に着けるだけでなく、「消費活動に対する考え方」を根本的に変えることが、リーンFIRE達成のコツになります。

そこで、私が普段物を買うときに実践している考え方をご紹介します。
実際この考え方にしてから、私は無駄な浪費が無くりました。

具体的には以下の通りです。

考え方

何かを欲しいときに「本当に必要か?」を考える
「時間的節約」も心がける

詳しく説明していきますね。

何かを欲しいときに「本当に必要か?」を考える

そもそも「これが欲しい」と思ったときに、本当に必要かじっくり考えます。

具体的考え方

「これを買わないと生活に支障が出るのか?」を大前提で考える
⇒更に細かい基準として、「これを買わなくても他に代用できないか?」「買わなくても解決策はないのか?」を考える。思いついた場合は、買うのを却下

②それでも必要だと判断した場合、チェックリストに沿って機械的に判断し、最終決断を下す

チェックリストですが、全て紹介すると長くなるので一部を抜粋します。

チェックリスト
これを買うためには、いくら稼ぐ必要があるか?

公式:(自分が欲しい物の値段)÷(1-自分の社会保険料全て)=稼ぐ必要のある金額

これを買うためには、人生の何時間を差し出しているか?

公式: (自分が欲しい物の値段) ÷(自分の実質自給)=自分が差し出した人生の時間

※実質自給の計算の仕方
公式:(手取り年収)÷年間労働時間(仕事に関係する全ての時間を含む)=実質時給

何か欲しい時にここまで考えると、非常に冷静になるので無駄な浪費は避けられます。

というよりここまで考えると、
何で欲しかったのか分からなくなるので、買う気力がなくなります。

元々は「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法 [ グラント・サバティエ ]」という海外では有名なFIRE達成者の方が書いた本を参考にしており、

この本では、今回のチェックリストでは記載できなかった全11項目も載っています。

また、チェックリストだけでなくFIREに対する基礎はこれで全て学べるので、興味のある方はぜひ。

「時間的節約」も心がける

結構陥りがちなのが、節約に夢中になるあまり時間を浪費してしまうことです。

例としては、

「5円しか変わらない野菜を安く買うため、何店舗もスーパーを巡って1時間かかった」

とかですね。

これが良くない理由は、

5円のために使う時間的コストが大きいからです。

もしさっきの話が1万円だと検討する価値はあります。
しかし、5円を検討するなら、その時間を他に費やす方が有益です。

おススメは、自己投資や副業です。

これにより、時間を節約でき、将来収入が増える可能性も作れます。

そうすれば、サイドFIREを達成できるかもしれません。

また、この方法以外にも、
自分の人生に必要な趣味や活動に時間を費やすなども有益なのでおススメですよ。

このように、支出も時間も節約することが重要になります。

リーンFIREのメリット・デメリット

リーンFIREのメリット・デメリットは次の通りです。

リーンFIREのメリット

・リタイア後、働かないのに達成年数が早い
・自分の幸せを追求できる

リタイア後、働かないのに達成年数が早い

リーンFIREは達成年数が早いです。
理由は必要金額が少ないからで、先程上げたように3000万円以下でも十分達成できます。

これは、非労働型FIREの中では1番少ない金額になります。

例えば、バリスタFIREは同じ金額帯ですが、達成後も働くことを前提に金額を少なくできます。



しかし、リーンFIREは達成後働かないのに、少ない金額で達成できるので、その点が非常に魅力的だと思います。

自分の幸せを追求できる

リーンFIREは自分の幸せを追求できます。

なぜなら、労働や不要な物を極限まで削るので、自分へのパイを多く割けるからです。

現代社会では多くの人が働き、日本は物質的にも豊かである一方、
自分の人生の時間や、本当に大切な物に対して割けられない人もいます。

しかし、リーンFIREではその時間とエネルギーの多くを自分に使えます。

そのため、普通の人より幸せを追求しやすいのがリーンFIREの特権とも言えます。

リーンFIREのデメリット

リーンFIREのデメリットは全て経済的に余裕がないことや、働かないことに起因します。

・人的資本が下がる可能性
・一般的なライフイベントは難しい
・インフレリスクや、税金・社会保障制度の改正

人的資本が下がる可能性

これには2側面があります。

・経済的に余裕がないため、自己投資できない可能性
・若くして達成すると、将来再就職したいときに、スキルや実績がない

いずれもリーンFIREで起こる弊害ですが、

これはFIREを目指している際にスキルを習得したり、
金額では得られない体験を通じて自己成長することで解決できます。

一般的なライフイベントは難しい

他のFIREでも言えますが、結婚やマイカー、マイホーム購入などが難しいです。

特にリーンFIREは、Fat FIREやコーストFIREと比べても経済的に余裕がなく、性質的にも一般的な人生のレールに最も逸脱するFIREだからです。

しかし、リーンFIREを目指す人はそもそも興味がなかったり、それ以上に自分の人生に価値を感じる物に出会っていたりするので、あまりデメリットではないかもしれません。

インフレリスク・法改正

実は日本はここ20年ほど物価は上昇していません(参考:国際分散投資ならありがとう投信「本当に日本の物価上昇率は小さすぎて見えない!!」)

いや、絶対上がってるよ~!昔はポテチも多く入ってたし!

そう感じますよね。まさしくこれです

皆さんも1度は体験したことのある

あれ、量少なくなってない?

です。これをサイレントインフレと言います。

値段は同じでも少しずつ量を減らしているので、結局値段が上がったのと一緒です。

つまりこれは、
以前と同じサービスを受けるには、今までより多く金額を支払う必要があることになります。
これは、リーンFIREにとって痛手になります。

また、国は今後社会保険の適用枠を拡大していく予定です(参考:日本年金機構「令和4年10月からの短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用の拡大」)

これは、間接的には国民に働いてほしいと言っていることになるので、
今後、働かないと不利になる政策も出てくるかもしれません。

ヤマアラシ

このように、様々なリスクがあるのも認識しておくのが大事です。

まとめ

今回はリーンFIREを紹介しました。

リーンFIREは経済的な豊かさは見込めませんが、
達成しやすく人生の幸福度も感じやすいFIREです。


特に、ミニマリストや節約好きな人には、ピッタリのFIREかもしれません。

あなたはどんな人生を歩みたいですか?

この記事が皆さんのFIRE計画の参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次